ブログの記事を書くモチベーションを高める方法

ブログを毎日更新すると1年間でどのくらいの分量の記事が書けるか計算してみました。

1年間のブログ記事=分厚い文庫本

1日に記事を1本書くと、365日で365本の記事が配信されます。

仮に1記事を1000文字とすると、365本×1000文字=365000文字です。

文庫本1ページの文字数は出版社によってマチマチですが、だいたい600〜700文字くらい。

仮に1ページ600文字とすると1年間、毎日書き続けたブログの文字数は

365000 ÷ 600 = 約608 となり

文庫本600ページくらいに相当します。

文庫本600ページはかなり分厚いタイプです。

これがブログの記事の集合体ではなく小説ならば「大作」と呼ぶにふさわしいボリュームでしょう。

こうやって年間で書き上がる記事の総量を文庫本の小説に置き換えて考えると、

ブログの記事を毎日コツコツ書き溜めていくと結構な量になることが分かります。

ブログの記事=ブロガーの資産

でも、毎日記事を書いていると、短めの文章で書いた記事を配信している印象が強く、1年間で厚めの文庫本と同じくらいになるというイメージがありません。

どちらかというと、短編をせっせと書いて、今日も1本書けた!やったー、終わったーという気分です。(←ぼくの場合)

そこで、こんなイメージトレーニングをすることにしました。

  1. 毎日記事を書いて1年後に365本以上の記事がたまっている。
  2. それらの記事を加筆・修正したり、再編集したり、テーマ別にセレクトしたりして、1冊の本にする。
  3. その本にタイトルをつけてみる。
  4. 完成した本を手にしている自分を想像してみる。

こういったイメージトレーニングをすると、1年間で厚めの文庫本と同じ情報量になるというイメージを持つ事ができます。

数量のある記事はブロガーにとって「資産」といえるでしょう。

それをどう有効活用していくかという新しい発想が可能になります。

その1つが書籍化ですが、本以外でもいろいろは可能性がありそうです。

資産(=ブログの記事)の有効活用をいろいろイメージするのも楽しいと思います。

そうやって考えを膨らませていくことで、記事を書くモチベーションを高める事ができると思います。

もちろん、ぼくの場合は、ブログ開設1周年記念は、まだまだ先の話ですが、その日をめざして今日も、また、1本記事を書いてしまいました。

まとめ

  • ブログを毎日更新すると1年後に文庫本600ページくらい情報量になる
  • ブログの記事をまとめて本にするイメージトレーニングにより記事を書くモチベーションを高める
  • 数量のある記事はブロガーにとって「資産」。将来の資産の有効活用を考えよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です