昨日の記事『Amazonプライム・ビデオがついにスタート!〜』の訂正について

昨日の早朝に投稿した『Amazonプライム・ビデオがついにスタート!でも、どうやってみるの?』について訂正させていただきます。
なぜ、訂正するかというと、当時とその後のAmazonプライム・ビデオの状況が異なり、記事内容が現状に即さなくなったためです。

なぜ、現状と異なる内容になったのか?

昨日の記事を書いた時点でamazonのトップページにはAmazonプライム・ビデオへの入口となるバナーはありませんでした。
また、Amazonプライム・ビデオ専用のページも見つかりませんでした。
ただ、サイト内検索するとAmazonプライム・ビデオの対象作品がヒットする状態でした。
これは9月24日午前中の出来事です。
そのような状態をもとに9月24日午前6時30分に記事を投稿しました。

その後の状況の変化について

その後、(たぶん、午後に)amazonのトップページにバナーが登場、Amazonプライム・ビデオ専用のページにアクセスできるようになりました。(以下のような専用ページが表示されます)

praimevideo-toppegeこの変更により昨日の記事「Amazonプライム・ビデオにアクセスの仕方」や「作品を探しづらい」といった昨日の記事内容が現状に即さないものになりました。

状況が変わって内容を訂正する箇所

昨日の記事の「アクセスの仕方」や「変更しづらい」という記事内容を以下のように訂正します。

「アクセスの仕方」は簡単にできるようになりました。
昨日の記事ではサイト内検索をして…と書きましたが、現状は
トップページのバナーをクリックするだけで専用ページにジャンプできます。

昨日の記事の時点で専用ページが見当たらなかったので「作品を探しづらい」と書きましたが、現状、そういうことはありません。
Amazonプライム・ビデオ専用ページは以下のジャンル分けでタイトルが表示され、とても探しやすくなりました。

  1. ウォッチリスト
  2. プライムの日本映画
  3. プライムの日本のTVドラマ
  4. プライムのアニメTV
  5. プライムの外国映画
  6. プライムのアメリカおTVドラマ
  7. Amazonオリジナルと限定配信TV番組
  8. プライムのキッズ向けTV番組
  9. プライムのやくざ映画
  10. ユーザー評価の高いプライムのTV番組
  11. ユーザー評価の高いプライムの映画
  12. プライムのAKB48作品

全てのコンテンツが見放題という訳ではありませんが、
思っていた以上にバラエティに富むコンテンツが揃えてあります。

僕はプライム会員なのでこれらのコンテンツを追加料金なしで見られるのは嬉しいことです。

【こちらの関連記事もどうぞ。クリックでご覧になれます】
◆ Hulu、Netfixに続きスタートするAmazonプライム・ビデオのポイント!
◆ Netflix(ネットフリックス)ついにスタート!1ヵ月無料体験やってみた!
◆ ビッグデータでキャスティング!?Netflix制作のオリジナルドラマがもたらす影響
◆ Netflix『デアデビル』エピソード1はリアルで、ヒーローもの+謎解きの面白さ!
◆ Netflix公開オリジナルドラマ『デアデビル』を見る前に知っておきたい4つのこと
 Amazonプライム・ビデオが有利?コンテンツ豊富なのに探しづらいHulu

まとめ

  • 昨日の記事を書いた時と状況が変わったので【訂正】を行いました。
  • Amazonプライム・ビデオはジャンル分けも豊富で多彩なコンテンツが楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です