タバタプロトコルに基づいた、1時間の運動量を4分間で得られるアプリ

「タバタプロトコルタイマー」あるいは「Tabata Time Counter」などのアプリを使うと、4分間運動するだけで1時間自転車を乗り回したのと同じ運動量が得られる、という話を耳にしました。

1時間=60分が4分。

時間を1/15に節約できます。

どういうことでしょうか?

運動する暇がない人にオススメ!

自分のことで恐縮ですが、運動しようと思いながらなかなか時間がとれません。

朝のウォーキングが唯一の運動です。

つい仕事や家事に終われて1日が終わってしまいます。

そんな時間がないから運動できない!という人に

「タバタプロトコルタイマー」「Tabata Time Counter」といったアプリはオススメです。

これはタバタプロトコルという運動メソッドに基づいています。

タバタプロトコル?なんだ、それ?

と疑問に思った人は以下をご覧下さい。
クリックで詳細が書かれたページにジャンプします。

田端研究室によるタバタプロトコル

(激しい運動20秒+休憩10秒)×8セット=4分間

タバタプロトコルは激しい運動を20秒行ったら10秒休み、20秒運動したら10秒休みを8回繰り返します。

この8回の合計が4分になります。

運動はいろいろあります。以下はトレーニングを記録した動画のページです。
これがとても分かりやすいのでご覧下さい。
クリックで動画のページにジャンプします。

TABATAプロトコルやってみました。トレーニング1日目 

動画では、手をついて足を揃えて左右にピョンピョンさせるタイプと、

ジャンプしてスクワットするタイプの2通りを行っています。

動画を見て、なんだ、簡単じゃないか!と思いました。

これを4分やるだけでバイシクル1時間分の運動量になるの?とも思いました。

早速、チャレンジしてみることにしました。

タバタプロトコル専用アプリで挑戦!

タパタプロトコル専用のアプリはたくさんあります。
よりどりみどりなのでチャレンジする方はお好みのものを選びましょう。

スクリーンショット 2015-08-14 17.41.14「タバタプロトコルタイマー」はappstoreのアプリは有料になります。
サイトもありこちらなら無料で利用できます。

2015-08-14 17.35.21「TabataTaimeCounter」は無料アプリです。
シンプルに時間をカウントしてくれるアプリです。今回はこれを使って挑戦してみました。

チャレンジ開始!

まず、足を揃えて左右にピョンピョンからです。

20秒間、ピョンピョンピョンピョンピョンピョンピョンピョンピョンピョン…

10秒間、休憩

10秒間、ジャンプしてスクワットジャンプしてスクワットジャンプしてスクワット…

10秒間、休憩

20秒間、ピョンピョンピョンピョンピョンピョン……く、苦しい!

1セットやっただけで汗だくだくになりギブアップ!

20秒間の運動が想像以上にハードだと分かりました。

これを4分間、毎日できたら確かに効果があると思いました。

まずは8分間をめざして、明日から、少しずつタイムを伸ばしていきたいです。

まとめ

  • タバタプロトコルを実践すると、4分間運動するだけで1時間自転車を乗り回したのと同じ運動量が得られる
  • タバタプロトコルのトレーニング専用のアプリが何種類かある
  • 20秒の運動+休憩10秒は簡単そうに思えるが運動不足の人にはハード!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です