YouTube(ユーチューブ)で活躍するユーチューバー(YouTuber)のまとめ

本日、YouTubeで「YouTube、“再生回数が301回で停止”問題を解消したと発表」という記事が配信されました。(ITmedia ニュースより)http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1508/06/news056.html

これまでYoutubeは動画公開後、再生回数のカウンターを301回で一旦停止させてました。

それが停止しなくなりました。

301image

これまで301回で停止させていたのは不正をしていないか確認するためでした。

これを停止させることなく不正を確認するスタイルに変更したそうです。

なぜ、YouTubeは再生回数の公正さに神経を尖らせるのでしょうか?

それは再生回数に応じて収益を得る事ができる「YouTube パートナー プログラム』があるからです。

この制度を利用してYouTube動画で収入を得ている人たちをユーチューバー(YouTuber)といいます。

ユーチューバー(YouTuber)
 YouTube上にて自作の動画を投稿し、広告収入を得ている一定の集団を指す呼称である。「YouTuber」という単語自体は和製英語であり、同様の概念を英語では「YouTube personality」と呼ぶ。
(ニコニコ大百科より)

人気ユーチューバーは48時間で100万回再生を超えることも!?

2015-08-06 22.35.58

多くのYouTuberは19時に新作動画を公開します。

なぜ、19時なのか?

YouTuberのファンは若い人が多く、19時あたりがYouTubeのゴールデンタイムになるためです。

人気ユーチューバーというとヒカキンが有名です。

他に、マックスむらいはじめしゃちょーなどがいます。

はじめしゃちょーは今年に入って急激に人気が上昇しているユーチューバーです。

彼は最新動画を公開して48時間で100万回再生を超える時もあります。

ブログとYouTube動画を一概に比較できないと思いますが、

ブログは1ヶ月で100万回PVあると人気ブログといわれ、

YouTube動画は48時間で100万回再生を超えるとダントツの人気ユーチューバーといわれます。

ユーチューバーは人気があるとケタちがいの再生回数を個人でも獲得できるのです。

その回数で収益(収入)が決まります。

だから、YouTubeは再生回数の公正さに慎重なのです。

再生回数=収入で稼いでいるのは、実は、子どもユーチューバーたち!

65903bd23007ed791bbbb05bfde7a6bf_m

以前、人気ユーチューバーのヒカキンがファンミーティングを行ったら小学生の子供たちが会場が埋め尽くしたという話を聞きました。

ヒカキンに限らずYouTuberは若いファンや多くの子どもたちに支えられています。

コアファンは小学生〜10代の子供たちです。

実は、ファンだけでなく「子どもユーチューバー」も存在します。

子どもYouTuberとは、動画に登場してオモチャのレビューをする、幼稚園前から幼稚園児、大きくても小学生低学年くらいの子供たちのこと。

レビューといっても、難しい事はいいません。

自由に新発売の玩具で遊ぶというパターンがメインです。

カメラを回しているのはお父さんか、お母さんです。

スクリーンショット 2015-08-06 22.43.47

アメリカにSocialBrade.comというサイトがあり、ここで日本のYouTuberの収入(予想)を確認する事ができます。

上図はそのランキングです。

大人気のヒカキンやはじめしゃちょーが収入ランキングのNo.1だと思う人も多いでしょう。

でも、ちがいます。

実は、子どもYouTuberたちが収入ランキングの上位を占めています。

視聴者するユーザーに近い目線の実感レポートがウケる

子どもユーチューバーの動画を見ているのは子どもユーチューバーと同世代の子供たちです。

子どもが子どもに新商品のオモチャを紹介するのですから、大人では真似できないユーザー目線の番組といえます。

そのせいか収入ランキングにおいてい人気子どもユーチューバーの順位はヒカキンよりも上です。

 

子どもユーチューバーに限らず、YouTubeでは、視聴するユーザーに近い目線の実感レポートがウケるのです。

ユーチューバーのリスクとは

今年に入り、YouTube パートナー プログラムのレートが下がっていてます。

例えば、10万回再生で5万円稼げていたのがレート改定後1万円くらいしか稼げなくなる、という状況になっています。

そのため、YouTubeだけで食べていけるのはほんの一部だといわれています。

YouTubeが一方的にルールを変更するとユーチューバーは大きな影響を受けます。

そのあたりがユーチューバーのリクスといえるでしょう。

まとめ

  • ユーチューバーとは、YouTube上にて自作の動画を投稿し、広告収入を得ている人たちのこと
  • ユーチューバーの多くは毎日、19時に新作動画を公開している
  • YouTube パートナー プログラムのレートが下がりユーチューバーの収入は低下している。
  • ユーチューバーというとヒカキンが有名だが彼よりも収入ランキング上位に入るのは子どもYouTuberたち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です