『ビジネスパーソンのためのツイッター時代の個人「発信」力』を読んで。

『ビジネスパーソンのためのツイッター時代の個人「発信」力』(北野充・著/ディスカヴァー・トゥエンティワン)は今から5年前の2010年に出版された本です。

5年前、個人の情報発信に必要な事がすでに書かれていた

この本を読んで驚いたのは2010年の段階で
  • パーソナルブランディングについて
  • インプットとアウトプットの仕方
  • ツイッター+ブログ+勉強会・読書会を組み合わせた使い方
などがすでに紹介されている事です。
5年たった今でも十分通用するやり方です。
例えば、インプットの仕方として
  • 本を読む
  • 雑誌・新聞の記事を読む
  • インターネット・ソーシャルメディア上の情報を読む
など具体的に紹介しています。
今も基本は変わっていません。
注目は「勉強会・読書会」に言及している点です。
勉強会・読書会を検索できるサービスPeatixの設立が2011年後半です。
そういったサービスが立ち上がる以前の、
2010年の段階でツイッターとブログに勉強会・読書会を組み合わせているのは、
当時としては新鮮な提案だったと思えます。

5年前の本だが現在でも参考になることが書いてある

調べてみたら2010年はiPadが発売された年でした。
新しいデバイスの登場で「個人」と「情報」の距離がグンと接近した年だったのかもしれません。
その後、2010年から2015年の間にスマホが普及し、国内を流通するデータ量は倍以上になっています。
個人の情報を発信するためのサービスも各種登場し私たちを取り巻く環境はさらに進化してました。
ただし、個人が情報を発信するやり方は2010年の頃とあまり変わっていません。
5年前の本に現在でも参考になる事が書いてあります。

まとめ

  • 『ビジネスパーソンのためのツイッター時代の個人「発信」力』は 出版された2010年の段階で「パーソナルブランディング」などについてすでに紹介されている
  • 個人の情報発信の仕方としてツイッター+ブログ+勉強会・読書会を組み合わせた使い方が紹介されている
  • 5年前に出版されたこの本には現在でも参考になる事が書いてある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です