Windowsフォン→ガラケーへの移行でアドレス帳のコピーに手こずった件

Windowsフォンは世界シェア2.7%。Amdoroidの85.1%、iOSの14.8%に続いてスマートフォン市場第3位です。(2014年実績)このWindowsフォンからガラケーへの移行でアドレス帳のコピーに手こずりました。
 そもそも、問題は以下の4点。

1.    Windowsフォンという珍しい機種を使っている
2.    スマホからガラケーへ(世の中の流れとは逆の方向へ)移行しようとしている
3.    保証サービスを利用して安価で機種交換しようとしているのでどちらも古い機種
4.    ぼくの使っていたWindowsフォンが“問題児”でした。

同じ機種、同じ問題を抱えた人の役に立てるかもしれないのでレポートすることにします。

話が長いので先に要約すると

電話対応のサポートサービスの人と、
店頭のスタッフの人がそれぞれちがう対応方法を勧め、
最終的にそのどちらでもない対応方法で問題を解決した

というお話です。

それぞれプロの方たちがベストな案をだしてくれましたが、
もっと合理的なやり方があるのではないか?と追求していくうちに
比較的シンプルなやり方にたどりつきました。

Windowsフォンは東芝T-01Bというファジーな奴

 さて、まず、ぼくが使っていたWindowsフォンの話からはじめます。
機種は、東芝製のT-01B。
初代T-01からT-01Bまでこのタイプを6年間も使っていました。
なぜ、Windowsフォンを選んだのかというと当時、iPhoneに関心はあったのですが
ソフトバンクのことを信用してなくてドコモのスマホにしてしまったのです。
その後、ソフトバンクも信用に値する奴だと気がつき、
ソフトバンクのiPhoneを導入、現在も利用しています。
初代T-01はまだ使いやすかったです。
でも初代が壊れてしまい、保証サービスを利用してT-01Bに切り替えました。
T-01Bは「3」をタッチすると「6」が反応するようなファジーな奴でした。
思わず「お前はデジタル」と突っ込みをいれました。
別にぼくの指が大きい訳ではありません。
Phoneは問題なく「3」をタッチすると「3」が反応します。
おかげで留守電メッセージを消すとき、何度、消去ミスをしたことか!!
そんな事があり(T-01シリーズの在庫が幸運にもなかったので)ガラケーに切り替える事にしました。
(そもそもぼくはiPhoneを導入した時点でT-01を電話としてしか利用していません)

サポートセンターの指示どおりにやってもアドレス帳が完全にコピーできない

ショップに行って保証サービスを申し込むと翌々日に新しいガラケーが届きました。
午前11時より回線を開通させるためアドレス帳のデータの本体登録を行いました。
次にこれをマイクロSDカードにコピーしなければなりません。
ネットからT-01Bの取扱説明書をダウンロードしてもやり方が分かりません。
午前11時30分頃、サポートセンターに問い合わせました。
Windowsフォンというレアなタイプが災いしてか担当がコロコロ変わり3人目で説明できる人が登場。
その方の指示に従い、機種本体下にある

Windowsマーク>住所録>サブメニューボタン>住所録の転送>外部のメモリへの送信

でT-01Bの住所録データはマイクロSDカードにコピーできました。

ここから、サポートセンターの応対がガラケー担当に変わりました。
指示に従いマイクロSDカードをガラケーに差し込み起動しました。
手順を踏んで確認すると2009年当時、つまり、6年前の初代T-01時代の住所録データしか表示されません。
これでは困ります、という言うと、担当者は

このガラケーはWindowsフォンから住所録を完全移行できないタイプである

といわれました。

そんな話、初めて聞いたので「納得がいかないのでショップに行き交渉する」といって電話を切りました。

時計を見ると午後2時すぎ。
作業開始から3時間、サポートセンターと電話で話続けて2時間30分(待ち時間が半分以上)、くたくたです。

ショップも頑張ったが、最初、ちがう結論がでる

 台風18号が日本列島を縦断、豪雨の中、駅前のドコモショップに行きました。
少し順番を待って、15時くらいから交渉スタートです。

ショップの女性にいろいろ調べてもらい、最初にでた結論は以下の通り。

SDカードの移行は不可能です。

別のやり方があります。
まず、誰も使っていないAndroidフォンを手に入れ下さい。
Bluetooth機能が使える事が前提です。
WinsowsフォンT-01Bと新しく手に入れたAndroidフォンをBluetoothでつないでください。
そうすれば住所録を完全コピーできます。
そのSDカードを使えばガラケーに住所録を完全コピーできます。
生憎、ショップはコピーのお手伝いができません。
すべてご自分でやってください。
よろしいですか?
そんな面倒な事は嫌だったので別の方法を調べてもらいました。

結局、店頭のコピー機を使って問題を解決

 別の方法とは、ネットに接続できる状態にしてアドレスを完全移行できないか?というやり方です。
結局、この方法はダメでしたが、ショップの女性が10分間ほど電話で調べた結果、
店頭に設置されているデータコピー機を使うと
T-01Bからガラケーへの移行が可能かもしれないというシンプルな方法が見つかりました。
最終的にそのやり方でWinsowsフォンT-01Bからガラケーへのアドレス帳の完全移行が完了しました。
一部、同一アドレスが重複してしますが、そんなの消せばいいだけなので問題ありません。
誰も使っていないAndroidフォンを手に入れて…という面倒なやり方に比べれば100万倍ラクです。
アドレス帳の移行がすみ、回線も開通させ、ガラケーが利用できるようになったは午後4時30分。
5時間以上かかりました。

サポートセンターやショップの人たちも大変だと思いますが、
最終的には出来たのですから、途中、間違った結論がいくつかでてきたのは残念です。

膨大な数の商品、膨大な数のお客さんの対応があり、そのため、情報の共有ができていないのでしょう。
スタッフのためにも、ユーザーのためにも共有してほしいところです。

ショップからでると台風はさって駅前に虹がでていました。
この件に関わった皆さん、ご苦労様でした。

2015-09-09-16.34.59

まとめ

  •  回線を開通させる前に住所録などデータの移行させよう。
  • やり方が分からない時などはサポートセンターに連絡して指示を仰ごう。
  • それでもダメな時は(サポートセンターは勧めませんが)ショップに行き対面で相談しよう。
  • 相談する際には「SDカードもBluetoothもダメならネット接続で対応できないか」など具体的な提案をして調べてもらおう。

新宿の地下通路の巨大野菜は「拡散したくなる風景」。食欲より情報拡散欲!

新宿の地下通路に巨大野菜が出現したいうニュースを見たのは朝のワイドショーでした。

ちょうど仕事で新宿に行くので帰りによってみよう!とすぐ決めました。

ブログの記事ネタにちょうどいいじゃないか!という直感がありました。

そして、打合せを終えて帰りに新宿の地下通路に立ち寄りました。

以前はアイドルが主役だったが今回は巨大野菜が主役

kyodaiyasai_1

場所は東京メトロ新宿駅付近の地下通路「メトロプロムナード」

乗降客数の多い新宿駅の地下鉄とJR、各私鉄を結ぶ通路なのでたくさん人が歩いています。

幅も広く写真を取りやすい場所です。

通路の壁面には全長80メートルの壁面ボスターがあります。

poster_1

ふだんはこの壁面ポスターがメイン。

以前、ジャニーズのアイドルが出演するテレビ番組のポスターが貼られた時は若い女性たちがスマホで写真を撮っていました。

今回はアイドルではなく巨大野菜が主役!

しかも、壁面ポスターを脇役に通路の中央にある柱を巨大野菜にみたてるシュールな演出です。

地下街に巨大野菜がニョキニョキ生えてきたように見えます。

野菜の柱は計15本で、大根やニンジン、とうもろこしなど全6種類です。

地下通路の巨大野菜!それは拡散したくなる風景

周りには同じように巨大野菜を撮影する人たちが次から次へとやってきます。

カシャ!カシャ!カシャ!とスマホのシャッター音が地下街に鳴り響きます。

kyodaiyasai_2

ぼくはこの巨大野菜にはシャッターをたくさん切りました。

まわりの人たちもシャッターを切ります。

自分を含めて、この巨大野菜の何が人々をこれだけ引きつけるのか?、考えてみました。

たぶん、これは「写真を撮ってみんなに教えたくなる風景」なんですね。

ツイッターの短い文章やブログの見出しにちょうどいい風景がそこにあったのです。

仮に「SNSはやってません」という人でも友だちに教えたくなるような被写体です。

「拡散したくなる風景」を計算して見事に出現させたのが勝因だと思います。

駅ばりポスター 新宿メトロスーパープレミアムセットによるイベント

この巨大野菜は全国農業協同組合中央会(JA全中)がスポンサーです。

都会の人にもっと野菜に関心を持って欲しいという意図で企画されたそうです。

これは『駅ばりポスター 新宿メトロスーパープレミアムセット』というメディアを使った展開です。

_0ster_2

約80mのスペースに、最大でB0サイズ80枚を一挙に掲出し、圧倒的な存在感を放つメディアです。

スクリーンショット 2015-09-03 9.04.06

料金は4面(A・B・C・D)セットで500万円(税別)。

掲出開始は月曜日から。掲出期間は7日間。

「新宿メトロスーパープレミアムセットの前では、同時実施を条件にイベントの展開ができます。」ということです。

今回の巨大野菜はこのイベントにあたります。

巨大野菜はどんなコミュニケーションを作り出したか?

巨大野菜のオブジェとワイドなポスターが、都会の人にもっと野菜に関心を持たせるために、どんなコミュニケーションを作り出しているか、を確認してみました。

1.  巨大野菜のSNS情報拡散効果

kyodaiyasai_3

まず、巨大野菜のオブジェ。

こちらは通行人が勝手に写真をとりブログやツイッターで拡散されます。

SNSとクチコミによる拡散による効果は通常のイベントや広告よりも群を抜いていると思います。

2.  巨大野菜の野菜占い

この巨大野菜にはQRコードのついたシールが貼ってあります。

このQRコードをスマホで読み込むと野菜占いが楽しめます。

uranai_chart

3.  壁面ポスターから野菜直販

chyokuhan

今回、壁面にポスターにもQRコードをつけて全国から野菜を買えるようになっています。

巨大野菜オブジェ以外にもいろいろ誘導する工夫されてます。

巨大野菜の触り心地は?

巨大オブジェに触ってみました。

通行人がぶつかっても大丈夫なように、柔らかい素材をイメージでしていましたが、実物は固かったです。

柱に継ぎ目を感じさせずに、巨大野菜の皮を柱に巻き付けた感じです。

ただ、期待を裏切らなかった触感はコーンのつぶつぶ。

これだけはプニュプニュな感覚が楽しめました。

tubutubu

食欲よりも「情報拡散」欲の時代

私たちには「物欲」や「食欲」がありますが、新たに「情報拡散欲」が生まれつつあるのかもしれません。

新鮮な野菜を食べたい!という欲求よりも、みんなに拡散したいという欲求を刺激したのが今回の巨大野菜だと思います。

まとめ

  • 新宿の地下通路に巨大野菜が出現。場所は地下通路メトロプロムナード。
  • 壁面の全長80メートルの壁面ボスターと通路の柱を使って巨大野菜に仕立てたオブジェ。
  • 野菜の柱は計15本で、大根やニンジン、とうもろこしなど全6種類。
  • ポスターなどのQRコードから「野菜占い」や「野菜の直販」が行える。

『ビジネスは30秒で話せ!〜短く、魅力的に伝えるプレゼンの技術〜』は★★★

みなさん、プレゼンをやる時、どれくらい時間が必要ですか?

コンペなどで時間制限がある時、質疑応答を含めて1時間くらいが持ち時間になります。

プロモーションやキャンペーンのコンペだと1時間でも少ないくらいです。

でも、ビジネスマンはそれではダメです。

30秒で魅力的に伝えられるか、で勝負が決まります。

人生、つねにプレゼン・タイム!

『ビジネスは30秒で話せ!〜短く、魅力的に伝えるプレゼンの技術〜』は、

コンペなどのプレゼンテーションの達人をめざす人はもちろん、

デキるビジネスマンを目指す人におすすめの1冊です。

この本のプロローグにこんなエピソードが紹介されています。

エレベーターの中で偶然、CEOと2人きりになった時、CEOに「最近、どう?」と聞かれて何と答えるか?

口ごもっていたり、つまらない答えだとCEOの記憶にも残りません。

正解は以下のように答えることです。

ハッキリ簡潔に話して、聞き手にきちんと理解させて、納得してもらう

できるようになるには人生はいつでも本番!いつでも話ができる心構えを持つように、と本書に書かれています。

つまり、コンペの時だけがプレゼン・タイムなのではないのです。、

24時間いつでもプレゼンできるように準備することが大切です。

私に何のメリットがあるの?

この本には注目すべきキーワードが登場します。

その1つが「WIIFM」。

What’s is in it for me? の略で「私に何のメリットがあるの?」という意味です。

聞き手の関心はプレゼンで提案される企画は「自分にどんなメリットがあるのか?」ということ。

その具体例として動物園の禁止メッセージがあげられています。

当初のメッセージは以下の通りでした。

「動物たちが怖がらせるので、展示場の中で走ったりしないでください」

残念ながら子供たちは走るのをやめませんでした。

そこで以下の言葉を付け足しました。

「動物たちは驚くと隠れてしまうので、みなさんは見る事ができません」

…というようにプレゼンの時には聞き手のメリットを考えて文章化すると効果がアップします。

ダイヤモンド・モデルでプレゼン!

2つ目の注目すべきキーワードは「ダイヤモンド・モデル」

これは以下のようなモデルです。

「注意を引く」から「アクションプラン」まで
上から下にこの順番で、このボリュームでプレゼンすると相手に伝わりやすくなるそうです。

diamond-modle

 

『ビジネスは30秒で話せ!』は“簡潔に話して、きちんと理解させて、納得させる”事を提案しているだけあり、読みやすく、分かりやすく、説得力のある本です。

ある料理番組風に表現すると★★★(星3つ)に値する本です。

まとめ

  • 30秒でプレゼンするために“ハッキリ簡潔に話して、聞き手にきちんと理解させて、納得してもらう”ことをめざす。
  • 聞き手の「私には何のメリットがあるの?」を意識してプレゼンすること
  • ダイヤモンド・モデルでプレゼンすること

『問題解決ラボ』の佐藤オオキさんのnendoのホームページは企画書のお手本

昨日の記事で「カップヌードルバースデー記念パッケージ」のデザインを『問題解決ラボ』の佐藤オオキさんが担当したと書きました。

mondaikaiketu-labo_2

この佐藤さんの本をぼくは何冊か読んでいます。

その一冊が『問題解決ラボ』。

それから『ウラからのぞけばオモテが見える (佐藤オオキ/nendo・10の思考法と行動術)』』『ネンドノカンド -脱力デザイン論』なども読んでいます。

なのに、うっかりしていて佐藤オオキさんの事務所nendoのホームページを訪れた事がありませんでした。

もしかしたら、皆さんはすでにご存知かもしれませんが、このホームページがとても良くできています。

特に、プランニング(企画)に興味ある人は一度チェックすることをすすめします。

nendのホームページの「サクヒン」は企画書のお手本!

nendoのホームページのアドレスはhttp://www.nendo.jp

※以下、ホームページの状況を文章で説明します。※ビジュアルなど確認する場合はnendoのホームページへ行って直接確認してください。

 

白地ベースのページが現れます。(この記事のアイキャッチ画像に使用しています)

一瞬、画像読み込みのトラブルかと思いましたが、そういうデザインの白いページです。

日本語がよければJpaneseをクリックしましょう。

 

すると「サクヒン」のINDEXが現れます。

作品の画像をクリックすると、縦スクロールで

  1. 作品を紹介するメッセージ(企画意図)
  2. 企画段階に書かれたと思われるラフスケッチ
  3. 完成した商品(デザイン)などの画像(複数)

が3点が表示されます。

この3点がシンプルで、言葉数の少ない、ビジュアルで見せる企画書として素晴らしい完成度になっています。

デザインやビジュアルも美しく、こういった企画書のお手本のようなコンテンツをつでも自由に閲覧できるなんてワンダフルです!

これを毎日眺めているだけでも企画力はアップするのではないでしょうか?

企画書の書き方に迷ったらnendoのホームページへ行き「サクヒン」をチェックしましょう。

まとめ

  • 佐藤オオキさんの事務所nendoのホームページには「サクヒン」のギャラリーがある
  • 作品を紹介するメッセージ(企画意図)、企画段階に書かれたと思われるラフスケッチ、完成した商品(デザイン)などの画像の3点で構成されている
  • 3点がシンプルで、言葉数の少ないビジュアルで見せる企画書として素晴らしい完成度

8月25日はチキンラーメンの日、9月18日はカップヌードルバースデー。

今日は8月25日。たまにはチキンラーメンを食べましょう。なぜなら今日はチキンラーメンの日だから。
そして、9月18日はカップヌードルバースデー!ご存知でしたか?

インスタントラーメンファンにとってはアニバーサリーが続きます。

胃袋も満たしますし、企画(プランニング)の参考にもなります。

チキンラーメンの日、インターナショナルな3分間で作る

日清商品グループのホームページへ行きましょう。

2015年8月25日のトップページはページ全体を使って「3分」を計測するビジュアルタイマーになっています。

ちょっと重たいです。始まるまで少し時間がかかります。

さて、準備が整ったら…

STARTのボタンを押すと飲食に関係する様々なビジュアルが流れます。
右側のセンター部分にある数字がカウントダウンを始めます。
3分経つと「READY TO EAT」の文字が表示されて終了!

countdown

登場人物も様様な人種、国籍の人たち。様々な食材や商品も登場します。

そして、左側のセンター部分にいろいろな国旗が現れます。

child

その国旗にあわせて、

タイ語、ドイツ語、ロシア語、ベトナム語、インド語、英語、日本、フランス語、中国語、インドネシア語、スペイン語、ポルトガル語など様々な言語で3分間をカウントダンしてくれます。

チキンラーメンにお湯をかけて、このビジュアルタイマーで3分待つと何だかインターナショナルなチキンラーメンができたような気がします。

チキンラーメン57才、カップヌードル44才、おめでとう

チキンラーメンは1958年生まれなので今年(2015年)57才ということになります。

意外と年なんですね。

その弟分、カップヌードルは今年、44才。

カップヌードルの誕生日である9月18日には「カップヌードルバースデー記念パッケージ」が発売されます。

20150824-22

「カップヌードル バースデー記念パッケージ」は、

「カップヌードル」が44回目の誕生日を迎えることのできる喜びとお客さまへの感謝の気持ちを表現した数量限定の商品です。(以上、日清食品プレスリリースより)

だそうです。

カップヌードルバースデーは佐藤オオキさんがデザイン

この「カップヌードルバースデー記念パッケージ」をデザインしたのは『問題解決ラボ』の佐藤オオキさん。

パッケージデザインは

今年で44回目のバースデーを迎えることのできる喜びとお客さまのご愛顧への感謝の気持ちを、フレーバーごとに個性的なギフトラッピング風のデザインを施すことで表現しました。皆さまに、プレゼントを開けた瞬間のような驚きを感じてほしいという思いを込めました。
(以上、日清食品プレスリリースより)

ということです。

ホームページもパッケージも、アイデアやデザインが秀逸でプランニング(企画)の参考になります。

まとめ

  • 8月25日はチキンラーメンの日
  • 2015年8月25日のホームページのトップページは「3分」を計測するビジュアルタイマーになっている
  • 9月18日はカップヌードルの誕生日
  • 佐藤オオキさんがデザインした「カップヌードルバースデー記念パッケージ」発売

 

TogglやTodoistのサポートメールはOne to Oneマーケティングの生きた事例

最近、タスク管理をしようとTogglやTodoistなどのアプリを導入しました。

試しに使ってみて気に入ったものをメインに使うつもりです。

そんなこちらの考えを見透かしてかタスク管理のアプリたちは親切なメールを送ってきます。

エリーゼという女性からメールが届いた

女性名の英文メールはたいがいスパムメールです。

でも、今回はちがいました。

Togglのサポートチームのエリーゼという女性からのメールです。

「ちゃんと使いこなしていますか?困った事があったら私に聞いてね」

というようなことが英文で書かれていました。

別に困っていないけど親切な彼女に男心がくすぐられます。(←単純!)

自動返信メールだと思いますが個人名を使う事でTogglとこちらの距離感がぐっと縮まった気がします。

あなたのカルマは150。と教えてくれるメール

Togglは、男性ユーザーに対して女性でアプローチするという、

アメとムチにおける「アメ」戦略をとっています。

それに対して「ムチ」戦略をとるのがTodoistです。

“色仕掛け”も“甘い言葉”もありません。(ちなみにTodoistは全文日本語のメールです。)

今現在の生産性をレベルアップしたいですか? (略)
プロのヒント をお使い頂きTodoistをもっと活用しましょう。

とムダのない口調でキビキビとアドバイスしてくれます。

そして

カルマの傾向
あなたは初心者です。 あなたのカルマは150。

と聞いてもいないことまで教えてくれ、カルマをもっと増やさなければ!という気持ちにさせてくれます。

これらのメールにはOne to One マーケティングのエッセンスが詰まっている

企業名ではなく個人名でメールを送ると開封率が高まるといわれています。

Togglのアメ戦略はこの考え方に基づいているのでしょう。

Todoistの「あなたのカルマは150.」はゲーミフィケーションに基づいています。

ゲームの要素を盛り込むことによって楽しみながらアプリを使わせる仕組みです。

いずれも自社アプリを積極的に使わせ、ファンになってもらうことが目的です。

アプリダウンロード時にメール送信を許可していますので、ユーザーに対してメールを送るチャンスはたっぷりあります。

TogglもTodoistもそのチャンスを最大限活用するため工夫しているのです。

そういう意味では、彼らのメールはOne to One マーケティングのエッセンスが詰まった生きた事例といえます。

「フォローメールなんて興味ない」とゴミ箱に捨てる前に目を通してみてはいかがでしょうか。

運がよければ、ユーザーや読者の心をつかむアイデアを発見できるかもしれません。

まとめ

  • toggleのエリーゼからのメール、Todoistのカルマ・メールなど工夫されたメールが送られて来る
  • 企業からのメールは個人名で出すと開封率が高まる傾向がある
  • Todoistのカルマ・メールはゲーミフィケーションに基づいている
  • 企業のメールにはOne to One マーケティングのエッセンスが詰まっている

『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』(佐宗邦威・著)は実践的だ

デザイン思考について書かれたこの本の帯には「創造的問題解決」と大きな文字があります。

このことからも分かるように、ジャンル的には先日紹介した

問題解決ラボ』(佐藤オオキ・著)に近い本です。

ビジネスマンの側から書かれた「デザイン思考」

どちらの本も「デザインとは問題を解決すること」という考え方がテーマになっています。

ただし、『問題解決ラボ』ではデザイン思考という言葉は使わず、デザインという言い方になっています。

これは『問題解決ラボ』の佐藤さんがデザイナーだからでしょう。

それに対して『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』の佐宗さんはビジネスマン。

2015-08-15-10.37.04

 

 

 

 

 

 

2人の立場の違いが「デザイン思考」に対するアプローチのちがいに現れています。

このアプローチのちがいこそが『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』の特徴です。

ビジネスマンの側から書かれているので「デザインのことはよく分からない」という人にも
「デザイン思考」へのアプローチの道筋を示してくれます。

「デザイン思考」の学び方が実践的に書かれている

もう少し、デザイナーの佐藤さんとビジネスマンの佐宗さんのちがいを見てみましょう。

デザイナーの佐藤さんは自分で作ったプロダクトなどを例に「デザイン思考」を語ります。

つまり、デザインの現場の中で「デザイン思考」について語っているのです。

一方、佐宗さんはビジネスマンであってデザイナーではありません。

デザインの外側にいながらビジネスにいかに「デザイン思考」を学び、取組むかについて語っています。

そのため、佐宗さんはアメリカの大学に行き、様々な学びの場で実践的なメソッドを習得しました。

それらをこの本で紹介しています。

例えば、「アイデアスケッチ」「ユーザーシナリオ」「フランケンプロトタイプ」「ロールプレイ」など様々なタイプのプロトタイプメッソッドなどです。

一部ですが、写真も掲載されているので分かりやすいです。

2015-08-15-10.42.32

MBAでも「デザイン思考」の企画開発などのプログラムを導入

アメリカの大学では、こういったメソッドを取り入れてデザイン思考を学び、研究しているようです。

そのあたりのアメリカ大学事情もこの本を読むと分かります。

日本の大学はどうなっているのか?

ちょっと気になりましたが、この本には触れられていません。

アメリカでは MBAプログラムにおいてもデザインスクールと組んだ
アントンプレナーシップや企画開発のプログラムが導入され始めているそうです。

こういった取組みをやっているか、やっていないか、そういった差が、
将来の日本とアメリカの経済の差につながるのではないでしょうか。

世界中の人が「日本を一番クリエイティブな国」と評価

本書の最後の方にこんなことが書かれています。

「世界で一番クリエイティブな国は?」という調査をアメリカのアドビ社が日米仏英独で行ったそうです。

その第1位は36%を獲得した日本でした。

しかし、「自分のことを想像力のある人だと思いますか?」という問いにハイと答えた日本人は2割だったそうです。

世界から見ると日本はクリエイティブな国なのに、日本人は自分の事をクリエイティブと思ってないということです。

調査でノーと答えた8割の人にこそ『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』は読んでもらいたい本です。

まとめ

  • 『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』のテーマはデザイン思考
  • デザイナーではない人がいかにデザイン思考を学び、仕事などに取り入れるかについて書かれた本
  • 著者がアメリカの大学で学んできた実践的なメソッドが多数紹介されている
  • MBAでも「デザイン思考」の企画開発などのプログラムを導入

SEKAI NO OWARIのFukaseが謎の暗号からブロガーが学んだこと

Fukaseが歌手きゃりーぱみゅぱみゅとの破局を示唆したと話題になった暗号の件、驚くべきは「破局」ではなくスピードです。

8月7日、SEKAI NO OWARIのFukaseが謎の暗号をツイート。
8月8日? 「WE BROKE UP(私はたちは破局した)」と解読される。
8月10日 「FUKASE NO OWARI フカセ暗号ジェネレーター」が公開される。

物凄いスピードで進んでいる

この暗号をアッという間に解読した人もすごいけれど、
このネタに便乗して「FUKASE NO OWARI フカセ暗号ジェネレーター」を公開した人もすごいです。

3〜4日というわずかな間にこんなに事態が展開するなんて誰が思ったでしょうか?

でも、これからはこれくらいのスピードであらゆる物事が進んでいくのでしょうね。

この暗号を解けますか?

さて、アイキャッチに使用したビジュアル(以下も同じ)は、「FUKASE NO OWARI フカセ暗号ジェネレーター」で作った暗号です。この暗号を解読できますか?

ango

それから次の暗号も解読できますか?

blog

 

この暗号の解き方はいろいろなサイトで紹介されているのでご存知の方も多いと思いますが、一応ヒントをだします。

ヒントと正解はこちら

ヒントは以下の1〜3です。

  1. 英語で考える
  2. 色に着目する
  3. 数字は順番を表している

暗号を解けましたか?

答えは、この下です ↓

正解は…

「11223」が「speed」

「1251」が「blog」

暗号の解き方を「blog」を例に説明すると

黒い1はblackの1番目の文字「b」

黒い2はblackの2番目の文字「l」

黄色い5はyellowの5番目の文字「0」

緑の1はgreenの1番目の文字「g」

この「b」「l」「0」「g」を並べると「blog」になります。

2つの言葉を暗号化したのはブログにもスピードが求められていると思ったからです。

Fukaseの暗号が暴きだした「時代の加速化」

Fukaseの暗号は(暗号をリリースした本人の意思に関係なく)IT化により時代が急激に加速化していること暴きだしました。

情報はもちろん、仕事の進め方などあらゆることが、今後、人間の五感を超えた速度でスピードアップしてくるのではないでしょうか。

果たして、ぼくたちはそれに着いていけるのか?

ついていけないとどうなるのか?

先行きは暗号のように解読することができません。

まとめ

    • SEKAI NO OWARIのFukaseが謎の暗号をツイート
    • アッという間に暗号が解読され、さらに専用のジェネレーターまで登場した
    • IT化により事態が進展する速度の加速化している
    • 情報はもちろん、仕事の進め方などあらゆることが、今後、スピードアップしてくる

KindleのYour Highlights機能が便利!電子書籍でビジネスの効率UP!

2015-08-10 15.57.16今回は、ビジネスの効率を高める読書術です。

どんな読書術かというとKindleを使った電子書籍による読書術です。

KindleにはYour Highlights機能があります。

電子書籍の気になる文章にハイライト機能でマーキングしておくと、
そのハイライトした文章をKindleのページで一覧表示できます。

資料として本を読み、企画書や資料を作る時にこの機能が便利です。

KindleのYour Highlights機能を使うには

KindleのYour Highlights機能を使うには以下のものが必要です。

  • amazonアカウントが必要
  • amazonで電子書籍を購入

電子書籍を購入したら、kindleまたはiPhone,iPad、あるいはパソコンやMacなどのデバイスで読むことができます。

(ぼくはiPhoneかkindleで読書しています。)

読書している時、気になる文章を指でなぞるとハイライト機能で色をつけることができます。

色は4種類。紙の本にマーカーで色を付けているような感覚です。

2015-08-10 21.25.18

Your Highlights機能の使い方

さて、ハイライトにした文章はYourHighlights機能を使うとパソコンで一覧表示できます。

Your Highlights機能の使い方は

まず、https://kindle.amazon.co.jp  にアクセス。

そして、サイトの上部にあるメニュー Your Highlights をクリック。

menu

すると、書籍ごとにハイライトにした文章の一覧が表示されます。

こんな感じです。

スクリーンショット 2015-08-10 16.13.59

紙の本とKindleのYour Highlights機能 比較

紙の本の場合

これまで企画書を書くために資料として本を読んでいる時、以下のような流れになります。

  1. 本を読む
  2. 気になったところに付箋をはる
  3. 読み終わる
  4. 企画書を書き始める
  5. 気になったところを付箋を頼りに探す(なかなか見つからない)
  6. 該当箇所を企画書に使用するため書き出す(タイプする)

以上です。

付箋をいっぱい貼ってしまうと「気になったところをさがす」時、意外に手間どります。

また、付箋代もかかります。

KindleのYour Highlights機能の場合

それが、、、、

Your Highlights機能をつかうと

  1. 本を読む
  2. 気になった文章をハイライトにする
  3. 読み終わる
  4. https://kindle.amazon.co.jp  にアクセス
  5. ハイライトにした一覧が表示される
  6. 使用する部分を企画書(パワポなど)にコピペする

といった作業工程に変わります。

紙の本の時にやっていた

  • 気になったところを付箋を頼りにさがす(なかなか見つからない)
  • 該当箇所を企画書に使用するため書き出す(タイプする)

という行程がカットでき、スピードアップ&手間省略になります。

また、気になった文章をチェックするには紙の本だと付箋とマーカーが必要になりますが、Your Highlights機能なら不要です。

ビジネスシーンで締切がある仕事、例えば、企画書作りや資料作成などは時間との勝負になります。

そんな時、Your Highlights機能を使うと作業のスピードアップが可能になりビジネスの効率アップが図れます。

皆さんも電子書籍で仕事の効率を高めてはいかがですか?

まとめ

  • KindleのYour Highlights機能をビジネスシーンで使うと企画書や資料作りなどのスピードアップが図れる
  • Your Highlights機能の使い方はhttps://kindle.amazon.co.jp  にアクセスし「Your Highlights」をクリックで一覧を表示
  • Your Highlights機能を使えば紙の本に付箋とマーカーでチェックするのに比べて手間が省けて経済的

『問題解決ラボ』(佐藤オオキ・著)は新しい視点で問題を解決する

今回は『問題解決ラボ』という本を紹介します。デザイナー、クリエイターといった専門家はもちろん、企画の仕事をしている人から日常生活の中でちょっとした問題を抱えている人にもオススメの一冊です。国内外の企業を相手に様様な問題を解決してきた佐藤オオキさんの問題解決メソッドがこの本に詰まっています。

著者・佐藤オオキさんはこんな人!

『問題解決ラボ』の 著者・佐藤オオキさんは

① 世界的に評価の高い日本を代表するデザイナー

② 経歴がすごい(ルイ・ヴィトン、コカ・コーラバカラ、エルメス、スターバックスなどの国際的な企業をクライントに建築からファッション、インテリアまで幅広く活動。2006年Newsweek誌「世界が尊敬する日本人100人」に選出されました)

③ ひらめきの技術をロジック化できる人

④ 分かりやすい文章を書ける人

⑤ ユーモアのある人

です!

①と②に関してはGoogleで検索するとWikipediaおnで確認できる情報です。

③〜⑤に関しては『問題解決ラボ』を読まないと分かりません。

この③〜⑤の3つの才能「ロジック化」「分かりやすい文章化」「ユーモア」のおかげで、これまで多くのクリエイターが挑戦しながら語り尽くせなかった「ひらめき」の技術を佐藤オオキさんは『問題解決ラボ』で余すところなく語り尽くしています。

そういう意味でお買い得な本です。

新しい視点を提供することで目の前にある問題を解決する。
それが「ひらめき」の技術であり、デザイン。

2015-08-02 21.26.26

 

『問題解決ラボ』の「はじめに」に

重要なのはデザインのジャンルではなく、新しい視点を提供することでいかにして目の前の問題を解決できるか、です。(iiページ)

と書いてあります。また、こうも書いてあります。

何か現状を改善する。何かしら状況をよくするという糸口をみつけるというのがデザインだと思うんです。(略)ごみを捨てるにしても、より効率よくできる方法を工夫するだけでも立派なデザインです。(略)インテリアをやったりロゴを作ったりしなくても価値を生み出せる。そのために新たな視点を持ち込むことが、「デザイン的な考え方」なのです。(202ページ)

以上のことから佐藤オオキさんが考えるデザインは「色」や「カタチ」以前に、問題を解決する新しい視点であることが分かります。

この新しい視点こそ「ひらめき」です。そのためデザイナーやクリエイターではない人でも「ひらめき」の技術を習得することが可能なのです。

…と、紹介すると教科書みたいな堅苦しい本と思われるかもしれませんが、全然、そんなことはありません。

クスッと笑ってしまうエッセイのような感じで書かれているのでとても読みやすい本です。

分かりやすい章の構成と、すぐ使える具体的な方法

2015-08-02 21.26.53

『問題解決ラボ』は以下の章構成になっています。

第1章 デザイン目線で考えると、正しい「問い」が見えてくる───オオキ流「問題発見」講座

第2章 デザイン目線で考えると、ありそうでなかった「アイデア」が見えてくる──オオキ流「アイデア量産」講座

第3章 デザイン目線で考えると、ホントの「解決法」が見えてくる───オオキ流「問題解決」講座

第4章 デザイン目線で考えると、刺さる「メッセージ」が見えてくる───オオキ流「伝え方」講座

第5章 デザイン目線で考えると、見えない「価値」が見えてくる───オオキ流「デザイン」講座

 

「問題発見」「アイデア量産」「問題解決」「デザイン」など、ひらめきの技術を求められている人ならすぐ知りたいと思うテーマが章立になっています。

最初から順番に読んでもいいし、自分の知りたいテーマの章から読み始める事も出来ます。

また、各章の中には9〜10個の項目があり、それぞれにすぐ使える具体的な方法が書かれてあります。

2015-08-02 21.27.33

具体的な方法の例として、「そのアイデア、電話で友だちのオカンに話して伝わりますか?」(138p)というやり方があります。

これは、何の専門知識のない人に電話で商品コンセプトを伝えて面白いと思ってもらえるかが、良い「アイデア」か、わるい「アイデア」かを判断するポイントになるそうです。

こういった具体的な例がたくさん出てくるので『問題解決ラボ』を読むと試しに、自分でもやってみようという気になります。

実際、やってみると、自分のアイデアの善し悪しを確認できたり、問題解決につながるアイデアが生まれるようになりました。

『問題解決ラボ』は「ひらめき」の技術について書かれた優れたガイドブックです。

また、ロジカルで具体的で分かりやすい文章ゆえに問題を解決するために実際に使いこなすことができる貴重な一冊です。

まとめ

  • 『問題解決ラボ』の著者・佐藤オオキさんは、世界的に評価の高い日本を代表するデザイナー
  • これまで多くのクリエイターが挑戦しながら語り尽くせなかった「ひらめきの技術」を佐藤オオキさんは『問題解決ラボ』で余すところなく語り尽くしている
  • 新しい視点を提供することで目の前にある問題を解決する。それが「ひらめき」の技術であり、デザイン
  • 『問題解決ラボ』では分かりやすい章の構成と、すぐ使える具体的な方法が紹介されている