予測不可能な展開!?Amazonプライム・ビデオの『ミスター・ロボット』

先日はAmazonプライム・ビデオの『トランスペアレント』をレポートしました。今回は『ミスター・ロボット』エピソード1のレポートです。

昼はSE、夜はハッカーの主人公を演じるのは
『ナイト・ミュージアム』でエジプトのアクメンラー王を演じていた人

『ミスター・ロボット』のエピソード1についてAmazonは以下のように紹介しています。

若きプログラマー、エリオット。昼はサイバーセキュリティ技術者として働き、夜はハッカーとして正義を守る。そんなエリオットに謎のハッカー集団のリーダーが参加を求めてくる。目的は、エリオットが仕事で守る大企業の壊滅だ。

主役のエリオットを演じるのはラミ・マレク(Rami Malek)さん。
どこかで見た事があると思って調べたら『ナイト・ミュージアム』でエジプトのアクメンラー王を演じていた人です。
『ミスター・ロボット』を見ると、
最初、主役にしては地味な印象を受けますが、エピソード1を見終わる頃にはこの人でピッタリという気がしてきます。

高度なハッキング能力を駆使して悪を懲らしめる主人公に
謎のハッカー集団が接近!

主人公は高度なハッキング能力を駆使して、夜な夜な悪を退治ししてます。
例えば、違法な児童ポルノサイトを運営している男を警察につきだしたり、
既婚者なのに偽名を使って複数の女性を騙す男を脅したり…
そんなやり方で悪を退治します。

そんな主人公に謎のハッカー集団のリーダーが接近、
巨悪を倒すために力を貸せと持ちかけます。

この話に乗った事から主人公は想像もしなかった世界に身を投じる事になる…と思います。

「…思います。」と書いたのは『ミスター・ロボット』はまだ、エピソード1しか公開されていません。
毎週水曜日に新しいエピソードが公開されます。
なので、この先、どうストーリーが展開するかはこの記事を書いている時点ではわかりません。

主人公はマスクを被りませんし、悪も小物ばかりです。
SFXを使ったハデな戦いもありません。
でも、ストーリー、役者、演出、気の利いたセリフの4拍子が揃っていて思わず引き込まれます。
これから物語がどこに向かうのか?早くエピソード2を見たいなという気分にさせてくれます。

スティーブ・ジョブズなど実在の有名人も登場!
ふつうのヒーローものとはひと味違う『ミスター・ロボット』

エピソード1で主人公エリオットとカウンセラーのこんな会話があります。

カウンセラーいわく「あなたは社会の何に落胆させられるの?」
エリオットの回答は「スティーブ・ジョブスを偉人扱いすること。子供たちを搾取して稼いだ男なのに」。

このとき、ジョブズの映像が流れます。
こんな感じで『ミスター・ロボット』には実在の人物が登場します。
リアルでエッジの効いた演出になっています。

また、

「SNSはウソのやさしさばかり」
「人間を社員バッジで等級分けし、働く事を強制する」
「企業のセキュリティを管理するなんてクソみたいな仕事だ」

など主人公の屈折した正義感を表すセリフがなかなか鋭いです。

ゴールデン・ブローブ賞とエミー賞を受賞した『トランスペアレント』と『ミスター・ロボット』を見る限り、ありきたりの作品ではなくクオリティの高い作品を作ろうとするAmazonの姿勢が感じられます。

【こちらの関連記事もどうぞ。クリックでご覧になれます】
◆ Hulu、Netfixに続きスタートするAmazonプライム・ビデオのポイント!
◆ Netflix(ネットフリックス)ついにスタート!1ヵ月無料体験やってみた!
◆ ビッグデータでキャスティング!?Netflix制作のオリジナルドラマがもたらす影響
◆ Netflix『デアデビル』エピソード1はリアルで、ヒーローもの+謎解きの面白さ!
◆ Netflix公開オリジナルドラマ『デアデビル』を見る前に知っておきたい4つのこと
 Amazonプライム・ビデオが有利?コンテンツ豊富なのに探しづらいHulu
 Amazonプライム・ビデオのオリジナルドラマ『トランスペアレント』レポート

まとめ

  • 『ミスター・ロボット』は若きプログラマーが昼はサイバーセキュリティ技術者として働き、夜はハッカーとして正義を守る物語。
  • 主役のエリオットを演じるのはラミ・マレクは『ナイト・ミュージアム』でエジプトのアクメンラー王を演じていた人
  • 『ミスター・ロボット』は毎週水曜日に新しいエピソードが公開される

Amazonプライム・ビデオのオリジナルドラマ『トランスペアレント』レポート

Amazonプライム・ビデオとNetflixはオリジナルドラマを制作しています。今回はそのひとつ、Amazonプライム・ビデオのオリジナルドラマ『トランスペアレント』の視聴レーポートです。

AmazonのCEOペゾスいわく
「ゴールデングローブ賞の受賞でAmazonの売上が伸びた」

『ドラマ制作進出のアマゾン「ゴールデングローブ賞」獲得の成果』(http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150514-00010002-forbes-sci)という記事を読むと、AmazonのCEOペゾスは『トランスペアレント』のゴールデングローブ賞受賞を大喜びしています。

ペゾスはアマゾンの株主向け年次書簡で「クオリティの高いドラマをつくり、アマゾンで先行配信したことが業績のアップにつながった」「オリジナル番組の制作は、配信経費を固定化できる点も気に入っている。ゴールデングローブ賞を獲得することで、電動工具や赤ちゃんのおむつの売上が伸び、利益を生む構造を作ったのは、間違いなくアマゾンが最初だろう」と語っています。

映像コンテンツは映像の専門家(映画会社、TV局、ケーブルTV局)が独占的に作るという時代は終わろうとしています。
その第一歩がゴールデングローブ賞、エミー賞をダブル受賞したAmazonプライム・ビデオの『トランスペアレント』です。

ゴールデングローブ賞、エミー賞受賞作品『トランスペアレント』

『トランスペアレント』はゴールデン・グローブ賞(ベストパフォーマンス賞/ベストシリーズ賞)をはじめ、エミー賞(主演女優賞など5部門受賞)など10の賞を受賞。
ゴールデン・グローブ賞はドラマシリーズのアカデミー賞みたいなものですから、ここでベストパフォーマンス賞/ベストシリーズ賞を穫った事からもクオリティの高いドラマであることが分かります。
この事実だけでも、ドラマ通ならちょっと見たくなりますよね?

『トランスペアレント』は年老いたお父さんが
トランスジェンダーをカミングアウトする物語

『トランスペアレント』(Transparent)とは、本来、反対側のモノが透けて見えるという意味。
このドラマのタイトルにはさらに「トランスジェンダー(性同一性障害)」+「ペアレント(親)」という意味が引っ掛けてあります。ちなみに、トランスジェンダーとは身体の性と心の性が一致しないが、外科的手術は望まない人のことです。

このタイトルから察しがつくように、成人した子どもたちに年老いたバツイチの父親がある日トランスジェンダーであることをカミングアウトする物語です。

性を扱ったテーマのためR+15指定になっています。
R+15指定とは、15歳未満の入場・鑑賞を禁止する指定のことです。
エピソード1を見る限り女性のハダカやきわどいシーンがたくさん登場します。
もっとも、アメリカのドラマはエピソード1でセクシャルな感じを強調するのが大好きです。
あの『X-ファイル』でもエピソード1(Pilot)で女性捜査官スカリーがアウターを脱いでチラリとインナーを見せるシーンがあります。
たぶん、視聴率を穫るのに一生懸命なのでしょう。
なので『トランスペアレント』のエピソード1を見ても「アメリカのドラマにありがちなことだな」くらいに思いましょう。

『トランスペアレント』はジャンル的には、レズビアンやバイセクシュアルの女性たちの人生を描いた『Lの世界』に近いです。
そういえば、『Lの世界』もR+15指定でした。
ただし、『Lの世界』は全体的にオシャレでしたが、こちらはオシャレでも何でもない家族が主人公、ロマンチックにではなくリアルに描かれています。

『トランスペアレント』を一言で要約するとクオリティの高い大人のドラマ。
大笑いしませんが皮肉のきいたやり取りにクスッと来る部分があります。
人間関係は複雑ですが、展開が早く、1エピソード30分というのも見やすいです。
あのお父さんと子どもたちはどうなっちゃうのかな?と気になり、次を見ちゃいそうです。

『トランスペアレント』のトリビア・ネタ!
実は、カミングアウトしたプロデューサーのお父さんがモデル

インターネット・ムービー・データ・ベースをチェックしていたら面白いトリビアを発見しました。
『トランスペアレント』は実際に起こった出来事にインスパイアされ作られたそうです。
その出来事とはプロデューサーのJill Solowayのお父さんのカミングアウト。
もちろん、トランスジェンダーであることを告白したのです。
実話に基づいているのでリアルで面白いのかもしれませんね。
ウチの親は大丈夫だろうか?…とちょっと心配になってきました。

【こちらの関連記事もどうぞ。クリックでご覧になれます】
◆ Hulu、Netfixに続きスタートするAmazonプライム・ビデオのポイント!
◆ Netflix(ネットフリックス)ついにスタート!1ヵ月無料体験やってみた!
◆ ビッグデータでキャスティング!?Netflix制作のオリジナルドラマがもたらす影響
◆ Netflix『デアデビル』エピソード1はリアルで、ヒーローもの+謎解きの面白さ!
◆ Netflix公開オリジナルドラマ『デアデビル』を見る前に知っておきたい4つのこと
 Amazonプライム・ビデオが有利?コンテンツ豊富なのに探しづらいHulu

まとめ

  • 『トランスペアレント』はゴールデングローブ賞、エミー賞受賞作品
  • AmazonのCEOペゾスも「ゴールデングローブ賞を獲得することで、電動工具や赤ちゃんのおむつの売上が伸び、利益を生む構造を作った」と絶賛(自画自賛)!
  • 『トランスペアレント』は年老いたお父さんがトランスジェンダーをカミングアウトする、クオリティの高い大人のドラマ

Netflix公開オリジナルドラマ『デアデビル』を見る前に知っておきたい4つのこと

2015年9月2日、日本でのNetflixのスタートに合わせて公開させる『デアデビル』に関してまとめてみました。
最近、やたらアメコミ系ヒーローが活躍していますが『デアデビル』って誰?という人のために少しは役に立てれば、と思います。

1.  『デアデビル』はマーベルコミックスのヒーロー

今回、Netflixで公開される『デアデビル』はマーベルコミックスを原作にしています。

デアデビルの正体は盲目の弁護士マット・マードック。

盲目と引き換えに手に入れた超感覚を駆使して夜はデアデビルとして戦います。

マーベル・シネマティック・ユニバースという世界観の中で活躍するヒーローのひとりです。

マーベル・シネマティック・ユニバースとは

 『アベンジャーズ』『アイアンマン』『キャプテン・アメリカ』『マイティ・ソー』『インクレディブル・ハルク』などが属する世界のこと。
 なので『アベンジャーズ」の例を見ても分かるようにヒーローたちが共演する事もある。

2.  Netflix版の『デアデビル』について

〈キャスト〉
 マット・マードック / デアデビル……チャーリー・コックス
 カレン・ペイジ…………………………デボラ・アン・ウォール
 フォギー・ネルソン……………………エルデン・ヘンソン
 クレア・テンプル………………………ロザリオ・ドーソン

もしかしたら、原作や映画版とは異なる登場人物?

登場人物の名前を見る限り、原作のコミックとは異なっているようです。
ドラマシリーズなので今後、原作でおなじみのキャラたちが活躍するかもしれませんが…。

ここに注目!名監督たちが愛する女優が共演!

主演のチャーリー・コックスは映画『博士と彼女のセオリー』などに出演している俳優。
気になるのはタランティーノ監督の『デス・プルーフ in グラインドハウス』をはじめ、
ケヴィン・スミス、オリヴァー・ストーン、ロバート・ロドリゲス、スパイク・リーなど
の作品に出演しているクレア役のロザリオ・ドーソン。渋いキャスティングですね!
演技に定評のある人が出ているとチョット見たくなります!

3.  映画版の『デアデビル』について

〈キャスト〉
 マット・マードック / デアデビル……ベン・アフレック
 マイケル・ピン…………………………マイケル・クラーク・ダンカン
 ブルズアイ………………………………コリン・ファレル
 エレクトラ………………………………ジェニファー・ガーナー

豪華キャスト競演!原作と通じる登場人物たち

映画版は2003年に20世紀フォックスから公開されました。
見れば分かりますが豪華キャスト共演です!
マイケル・ピン、ブルズアイ、エレクトラといった登場人物は
原作のコミック版にも登場するキャラクターたちが活躍します。

4.  映画版のスピンオフにはボブ・サップも登場

2005年には映画版『デアデビル』に登場したエレクトラを主人公にしたスピンオフ作品が公開されました。
映画版『デアデビル』に続き主演はジェニファー・ガーナー!
ちなみに『エレクトラ』には当時、日本で人気だったボブ・サップが悪役キャラとして登場しています。

以上、Netflix版の『デアデビル』を見るにあたって知っておくと少しは役立つまとめ記事でした。

まとめ

  • 『デアデビル』にはコミック版、映画版、そして、今回、Netflixで公開されるテレビドラマ版がある。
  • Netflixには『博士と彼女のセオリー』のチャーリー・コックス、タランティーノをはじめ名監督の作品に多数出演するロザリオ・ドーソンなどが出演
  • 映画版は豪華キャスト競演!スピンオフ作品にはボブ・サップも出演していた