時間に追われている時はスリープ&チャレンジ!

今週は忙しいです。タスク管理できていません。
スケジュールを組んだ瞬間、予想外の予定が入り崩れていく感じです。
気持ちが空回りして焦っています。
この状態を何とかしようと僕は頭の中に「対策委員会」を立ち上げました。

いろいろな対策を検討した末、出した結論は…。

(1)こういう時だからこそグッスリ眠る
(2)忙しいからこそ新しい事に挑戦する

という方針でした。

時間に追われている時こそ「寝る」

忙しい時に寝るの?そんなことして大丈夫?と思う方がいるかもしれません。
大丈夫です。以前、これでピンチを脱出しました。

そもそも、スケジュールがコントロールできないと

 時間がない→焦る→睡眠を削って頑張る→効率が落ちる→ストレスがたまる→心身共にグッタリ

という負のスパイラルに落ち込みます。

これを断ち切るには思い切って「寝る」のが効果的です。
自殺行為に思えますが、騙されたと思ってグッスリ眠ると、次の朝、頭はスッキリ。
クリアな脳味噌のおかげで仕事をビュンビュンこなして遅れを取り戻すどころか追い抜きます。

時間がない時こそ「新しいことに挑戦」

あと、忙しい時にこそ、短い時間で気分転換する方法をみつけましょう。
このやり方は今日、発見しました。

実は、都合のいいことに、(僕の意思に関係なく)昨日、エレキギターが我が家に来ました。

学生時代に少し弾いていたので若干の知識はあります。
でも、ギターを弾くのは40年ぶりくらい。
コード名やチューニングの仕方など一部忘れてました。
指もイメージしているように動きません。
もうほとんど「新しいことに挑戦」しているようなものです。

「新しいことに挑戦」のいいところは、何をやっても新鮮であること。
故に、ちょっとしたことでも感動したり嬉しかったりできます。
おかげで短い時間でもワクワクすることが可能。
あとでもう少しワクワクしたいからもうひと頑張りしょう!とやる気も高まります。
なので、忙しい時にこそ新しいことに挑戦がおすすめです。

さて、この手短な気分転換でストレスも解消できました。
あとは残っているタスクをどんどん処理していくだけです。

まとめ

  • 時間がないために発生する負のスパイラルを断ち切るには思い切って「寝る」が効果的
  • 忙しい時にこそ、短い時間で気分転換する方法として「新しいことに挑戦」がおすすめ

Saentは集中力アップの強い見方?あるいは、耳栓で集中力アップモードを作る?

Saentという気になる“商品”をネットで見つけました。これは,

  • ボタンを押すだけで仕事に不要なアプリケーションやWebサイトをシャットアウトできる
  • 休憩時間の長さや作業能率を学習し、最適な仕事のパターンを提案してくれる

という機能を持った集中力アップのガジェット。

レポート機能も備え、最適な仕事パターンも提案してくれるのでタスク管理としても使えそうです。

仕事をしているとメールやフェイスブックが気になって仕方ないという方や「ともかく、集中力が欲しいんだぁぁぁ〜」という人にオススメです。

デザインもいいし、ちょっと魅力的ですよね?

クラウドファンディングで出資金募集中のSaent

ただし、本文1行目で“商品”と括弧付きにしたのは、Saentがまだ世の中にデビューしていないためです。

Saentは現在、Indiegogoというクラウドファンディングで資金を募集中です。

出資期限は2015年9月6日まで。

現在(8月13日)、出資開始から1ヶ月ほどで606人が出資。

36,919ドルを集め、目標金額50,000ドルのうち74%を達成中。

残り24日の間に残り14,000ドルの出資を集められるかが勝負です。

出資を検討中の方へ、IndiegogoはAll or Nothing方式ではない

「よし、自分も出資しよう!」と思ったあなた、

Saentそのものを手に入れるには32ドルの出資金が必要になります。

ただし、出資したからといって必ずSaentが手に入るという訳ではありません。

目標金額に達しなければプロジェクトは中止となりSaentは製造されません。

そして、もうひとつ注意すべき点があります。

IndiegogoはKickstarterとちがってAll or Nothing方式を採用していません。

All or Nothing方式とは出資金額に達しなかったときは出資しなくてもよいというルールです。

Kickstarterは出資を申し込んでも目標金額に達しなければ出資する必要はありません。

Indiegogoは出資を申し込んだ時に出資する事になります。

そのため、目標金額に達せずプロジェクトがキャンセルになっても出資金額は戻りません。

もちろん、“商品”を手にする事もできません。

出資するときは熟考しましょう。

今すぐできる「集中力アップ」モードの作り方

さて、話は戻って……Saentはまだこの世に存在しない“商品”です。

「今すぐ集中力アップできると思ったのに〜!」とガッカリされた方に、Scantを使わない集中力アップモードの作り方を教えましょう。

当面、これでしのいでください。

【耳栓を使った集中力アップモードの作り方】

  1. 耳栓をする(周囲の雑音をカットして一気に集中モードへ)
  2. 気が散るアプリをオフにする(facebook、メールアプリなど。外界からのアクセスをシャット)
  3. 不要なデバイスをオフにする(仕事する時、iPhone、iPadの電源をオフに。これで集中する環境が整いました)
  4. togglで作業時間を管理する(どれだけ集中して働いたか管理し、より質の高いワークスタイルをめざします)

※togglは今日1日で自分がしたことを時間配分をもとに客観的に知ることができる時間管理ツール。筆者は登録したがまだ使いこなしていない。

このやり方で心を無風状態の湖の水面のように保ち、集中力をマックスにしましょう。

e68d21d5bc950779b086d699e5310c52_m

耳栓代しかかからず経済的です。(100均なら100円です)

Saentにするか、耳栓にするか、それはあなた次第です。

まとめ

  • Saentはボタンを押すだけで仕事に不要なアプリケーションやWebサイトをシャットアウトし、最適な仕事のパターンを提案してくれる
  • SaentはIndiegogoというクラウドファンディングで資金を募集中(2015年9月6日まで)
  • Indiegogoは出資を申し込んだ時に出資する事になり目標金額に達せずプロジェクトがキャンセルになっても出資金額は戻らない
  • 耳栓+アプリをオフ+不要なデバイスをオフ+togglで作業時間を管理でも集中力アップは可能

フリーランスになって良かったこと、悪かったこと

今日はフリーランスになって良かったことがいくつあるか考えてみました。

だた、やってみると思ったほどフリーランスの良いところがスラスラと出て来ません。

「魚の目に水見えず人の目に空見えず」ということわざがありますが、フリーランスにはフリーランスの良さが見えないのかもしれません。

さて、ちょっと頭をひねってリストアップしてみました。

フリーランスのいいところは以下の通りです。

あくまでもぼくの場合に限ります。

フリーランスになって良かったこと

  • 長時間の社内会議に出なくていい
  • いろいろなことを自分で決断できる
  • 仕事を達成・完了した時の満足感がある
  • 気がねなくパワーナップ(仮眠)できる
  • 嫌な上司がいない
  • 服装が自由である
  • 定年がない
  • 転勤・異動の事例がない

4つ目までスラスラかけましたがそのあとは考えながら書いています。

フリーランスになって悪かったこと

次にフリーランスの悪いところを考えてみました。

  • 収入が安定しない
  • 土日がない
  • ダラダラとした生活になりやすい
  • 孤独である(1人で作業していると)
  • 健康的でない

悪いところもそんなに浮かびません。

計画性を持たずに放っておくと収入が安定しなくなったり、不健康になります。

これらは計画性を持って行動すると比較的改善されます。

あと、1人で仕事をしていると、自由すぎてくらでもダラダラできる所が怖いところです。

意思を強く持つか、タスク管理をすることをオススメします。

悪いところに気がついたら早めに対処

フリーランスになって悪いところをリストアップしたら、それらにどう対処するか早めに検討するといいでしょう。

良いところは放っておいても問題になりませんが、悪いところは放っておくとフリーランスとしての活動を停滞させる可能性があります。

これらは早め早対処方法を考えておき、リストから消すようにしましょう。

1回消しても、しばらくすると、また、現れたりします。

あまり悲観せず、何度でもトライしましょう。

まとめ

  • フリーランスには良いところもあれば、悪いところもある
  • 計画性や強い意志を持つ、あるいはタスク管理をするといったことで対処できる部分もある
  • 悪いことリストは対処方法を考えて早めに消すようにしよう

先行きが読めない時代の、計画の立て方

5年程前、ぼくは都心に事務所を持ってました。

今は郊外の自宅で仕事をしています。

以前は業務に必要な設備や立地条件があり、仕事をする上で、どうしても都心の事務所が必須条件でした。

どんな設備が必要だったかといいますと、大型プリンターとファクシミリです。

場所をとり、音も大きかったので自宅では無理でした。

そして、24時間バイク便が取りに来て2時間以内にクライアントに届けられる立地条件も必要でした。

PDFとツールが解放してくれた(あるいはビジネスチャンスを葬った)

ぼくの“商売”では、企画書を提出する場合、A3カラーで出力し必要部数だけお届けするのが原則でした。

企画書の完成が真夜中ということもあり、そういう時はバイク便に取りに来てもらいました。

そんな仕事のやり方を5〜6年前(2009年か2010年頃)までやってました。

それがある時期から変わったのです。

大型プリンターやファクシミリ、バイク便がいらなくなりました。

どうしてでしょう?

それはPDFとメールのおかげです。

いわゆるペーパーレスです。

完成した企画書はPDFにしてメールか、ファイル転送サービスで送ればよくなりました。

この新しいやり方が普及してくれたおかげで事務所や大型プリンターやファクシミリやイク便から解放されました。

金額にすると年間で数百万円のコストダウンに匹敵します。

ぼくのような個人でこれだけ効果があるので、大きな会社ならン千万、いや、ン億円の効果があると思います。

見方を変えると、それだけの金額のビジネスチャンスをPDFとメールが葬り去ったといえるでしょう。

(広告業界を専門にしていたバイク便は、きっと、仕事が激減したと思います)

先行きが読めない時代、短期計画を積み重ねて長期計画に

こういった大きな変化がたった5年という短いインターバルで発生している事に驚きを感じます。

そう考えると、今から5年後、どこで、どんなツールを使って、どんな風に仕事をしているのか、予想できません。

IT化で世の中のシステムも大きく変わっている可能性があります。

つまり、今、ぼくたちはかなり予想しづらい時代を生きているということです。

何かを計画する時、5年先までガッチリ立てるのではなく、3ヶ月から半年、あるいは1年くらい先までの短期をしっかり計画し、2〜5年後の計画はラフに組立て、世の中の変化に応じて調整できるようにした方が安全だと思います。

短期計画で実績をだし、それを1つずつ積み重ねるようにして長期計画にしていきたいと思います。

まとめ

  • たった5年で仕事のやり方が大きく変わった。
  • その理由としてメールとPDFの普及がある。
  • 今後5年、仕事のやり方も世の中のシステムももっと変わる可能性がある。
  • 変化に対応するため長期計画よりも短期計画をしっかり立てて積み重ねる。

タスク管理・初心者の「LifeBear」導入レポート

スケジュール管理はバッチリ!と思っていたのに予定外のアポ次々と入り困った!

という人は多いでしょう。

昨日のぼくがそうでした。

これまでもそういう状況はあったけど何とか乗り越えて来た。

でも、今回は勝手がちがう。

なぜなら、このブログの記事を毎日更新する、という新しいミッションがあるからです。

予定が山積みの状態でブログを更新するのは初めてのこと。

対策を考えなければ!!と思い、タスク管理を導入することにした。

タスク管理としてwunderlistを落としたことはあるが使いこなせなかった。

その経験から使いやすくて、カレンダーと連動したアプリがいいな、と考えていた。

操作カンタンなタスク管理アプリ「Lifebear」を導入

ぼくなりにタスク管理アプリの条件を考えてみた。

以下の通りになった。

  • iPhoneで使える
  • iOS7でも使える
  • Macでも使える
  • 操作がカンタン
  • チェックをいれるのが楽しい

家にいるときはMacがメイン。
外出するの時、iPhoneを使う。
ぼくのiPhoneはiOS7だからiOS8対応が必須条件のアプリはパスすることになる。
最大のポイントは操作がカンタンでチェックをいれるのが楽しいというのこと。
この操作がイマイチだとタスク管理するのがイヤになる。

という、条件で今回ぼくが選んだタスク管理アプリは「LifeBear」です。

日経トレンディで「使いやすい最強の手帳アプリ」と紹介されたそうです。

デザインもシステム手帳のようで親しみやすい。

タスク管理に詳しい方なら他のアプリを選択する可能性もありますが、ぼくはこれで始めることにした。

LifeBearをダウンロードするとチュートリアルが始まる。

それをひと通りチェックするだけで操作方法は十分理解できるくらいカンタン。

初心者向け「タスク管理の管理をはじめる時のポイント」

タスク管理をはじめる時、いきなりLifeBearに向き合うのではなく、まず、「やるべきリスト」を作ることにした。

制限時間3分以内に

  • 今日やること(打ち合わせなど)
  • 毎日やること(散歩など)
  • 今週中にやること(締切など)
  • 中長期に処理すること(夢や目標など)

といった各レベルで思いついた予定をどんどんリスト化します。

制限時間を設けたのはタスク管理に時間をとられたらもったいないから効率よく作業を進めるため。

ぼくはこれらをEVERNOTEに書き留めた。

それを見ながらLifeBearにタスクを打ち込んでいく。

まず「今日やること」から。

つぎに「毎日やること」を機械的に打ち込む。

そして「今週中にやること」を打ち込む。

「今週中にやること」は「今日」のスケジュールが満杯なら「明日」に回してもいいので、そのあたり考えながら打ち込む。

「中長期に処理すること」も同様。

ただ、中長期は「いつでもいいや」と思い勝ち。

そうするといつまでたっても始めないので、毎日、5分でいいから隙間時間にいれるようにする。

LifeBearの場合、タスク化したものを1日のタイムスケジュールに並べることができる。

このタイムスケジュール上で完了したタスクにチェックを入れていくのだ。

急な予定が入ったが、初日のタスク20個を無事完了!

さて、LifeBearを始めて使ってみて…。

06:30から20:00までタスクを作りスケジュール上に並べ次々に完了していった。

ところが11:00ころ、新たな打ち合わせが14:00に入った。

新しい打ち合わせタスクを作り14:00にスケジュール化した。

予定していた14:00-15:00のスケジュールは20:00-21:00に移動、といったことが簡単に行える。

初日のタスクは20個あった。

これまで頭の中で管理していたのでアプリを使うことで脳の負担を軽減できた。

たぶん、アプリなしだと20個のタスクのうちいくつか漏らしていたと思う。

1日をタスクで埋めると窮屈な気分になるかと思ったが、1つずつチェックをいれ完了すると達成感があって楽しかった。

まとめ

  • 自分にあったタスク管理アプリをみつけよう。初心者向けとしてLifeBearがオススメ!
  • まず、「やるべきリスト」をサクッと作ってタスク化!1日のスケジュールに配置する
  • 今日やること、毎日すること、今週することのほか中長期の予定も少しずつ盛り込む
  • LifeBearだと急な予定が入ってもタスクの順番を簡単に入れ替えられる