忙しい時にこそ、したい10のこと

ブログの更新をしばらくお休みしていました。

ブログと仕事(企画書作成)に加えて、9月末から書籍の原稿作成を始めました。
最初のうちはなんとか3本同時進行していたのですが、
仕事が忙しくなり、考えた末、ブログをお休みすることしました。

状況がちょっと一段落したので今日からブログを再開します。
毎日更新できるか分かりませんが当面マイペースでやっていきます。

今回のテーマはブログお休み中に実践したアレやコレやをまとめました。
タイトルは「忙しい時にこそ、したい10のこと」。

忙しいから「できない」ではなく忙しいからこそ「やった方がいい」ことがあります。
いろいろ工夫をしてビジーな日々を乗り越えましょう!

 

 

1 気分転換

忙しいときは頭の切り替えが勝負です。
もっとも手軽なのは「音楽を聴く」です。僕は仕事によって聴くBGMを変えます。
考え事や文章を書くときは歌のない演奏だけのインストゥルメンタルがいいですね。
僕はApple Musicを使っています。
最近のお気に入りはサンタナとアール・クルーです。60年代、70年代の音楽です。
あと、「音楽を聴く」以外の気分転換では「場所を変える」も有効です。
近くのカフェやコワーキングスペースに行くと集中力が復活します。

 

 

2 昼寝

1日中「書く」作業をしていると頭が疲れて効率もダウンします。
そんな時には迷わずにパワーナップしましょう。
パワーナップとは、5分、10分単位の昼寝のこと。
慣れないと寝過ごしますが、何回もチャレンジしていると、
体内時計が学習して5分、10分、15分で目が醒めるようになります。
パワーナップは起きた時に感動があります。
何時間も寝たような感じなのに時計の針が5分しか進んでいないと物凄く得をした気分です。
ちょっと魔法にかけられたような感じですね。
頭も体もスッキリでリセットできるので超・オススメです。

 

 

3 ストレス解消

午前中は自宅で作業する事が多いのでお昼は自炊します。
あるもので簡単なものしか作りませんが、料理はストレス解消になります。
座り放しの「書く」作業から「立ち」作業になりカラダもほぐれます。
調理していると一瞬、仕事のことを忘れます。

 

 

4 デザート

頭が疲れてくると甘いモノが欲しくなります。チョコレートなどで糖分を補給します。
何かで読んだ話ですが、同時通訳の人は頭を使う仕事なのでチョコが必需品だそうです。
疲れた脳に甘いものでエネルギーを補給しましょう。

 

 

5 運動

座り放しの「書く」作業は腰にダメージがきます。
デスクワークの人は同じ悩みを抱えていると思います。
ウォーキング、ストレッチなどをかかさず取り入れることが大切です。
…と分かっていても忙しいと、それができない時があるんですよね。

 

 

6 体をほぐす

運動不足になり腰や肩が悲鳴をあげてきたら、早めに整体やマッサージに行きましょう。
忙しい時に腰をギックリすると致命傷になります。
忙しくても仕事をちょっと止めて悪化する前に行くのがポイントです。

 

 

7 目標の再確認

忙しくて頭がボーっとしてきたら、将来の夢や目標を思い出して再確認しましょう。
それらを達成するために、今、この忙しさを乗り越えるのだと気をひきしめることができます。
忙しい時は視野が狭くなっているのでずっと遠くの目標を再確認する事で集中力が復活する時があります。

 

 

8 習慣

今回、忙しさを乗り越えるため、毎日、ブログの記事更新という習慣をやめたました。
これでかなり楽になりました。
「質より量より更新頻度」が途絶えて残念ですが、
おかげで自分のブログを少し距離をおいて見る事ができるようになりました。
たまには習慣を変えるのもいいかもしれない、と思っています。

 

 

9 睡眠

忙しいと睡眠時間が短くなります。短くなるほど翌日に疲れが持ち越されます。すると効率が悪くなります。寝不足による負のスパイラルです。これを脱出するには思い切って夜、早く「寝る」のが一番です。半日かかっていたモタモタしていた作業が朝、早起きすると1時間でできるようになります。(←僕の場合です)

 

 

10 笑う

フリーランスでなので朝から晩まで1人で仕事をしていることがよくあります。
1人なので無口で無表情になります。そんな時、脳のためにも「笑い」は必要です。
笑うとアルファ波が増えて脳がリラックスするといわれています。
漫画、漫才、落語、コメディ…何でもいいので笑えるコンテンツを見るのもいいでしょう。
その時間がない時は口角を持ち上げて口元を微笑む状態(つまり、作り笑い)でも効果があるといわれています。

 

 

まとめ

振り返ってみると、忙しいなりに対応策はいろいろあることが分かりました。
問題なのはインプットの時間がほとんど取れないこと。今後の課題ですね。
でも、1年前なら仕事だけでアップアップでしたが、
今は忙しといいつつブログの記事や書籍の原稿を書いているのでキャパシティーは広がったようです。
これも「質より量より更新頻度」でブログの記事を書いていたおけげだと思います。
頭と心のどこかに“筋肉”が付いてきたみたいです。

パワーナップという仮眠法、成功ときどき失敗

ぼくはフリーランスなので、基本的には自宅で作業しています。

他人の目も気にすることもなく、比較的自由にスケジュールを組むことができます。

最近、1日のスケジュールに「パワーナップ」という時間をとるようにしています。

仮眠法パワーナップのメリット

パワーナップとは仮眠のことです。

散歩をウォーキングというように、漢字表記の言葉をカタカナにすると、漠然とやっていた行為がセオリーを持った方法論に変身します。

パワーナップも、

コーネル大学の社会心理学者ジェームス・マースによる造語である。時間あたりに対する睡眠の効用を最大化する睡眠法とされている

by wikipedia

となり、立派な睡眠法になります。

これまで仕事中に「仮眠をとる」というと、なんだかサボっているような気分になりました。

それを「パワーナップする」というと何だか体にいいことを始めるんだ!というポジティブな雰囲気が漂います。

これだけでもパワーナップ効果があり!。

世間のみんながバリバリ働いている時間に、じぶんだけウトウトしていていいのか!という後ろめたさは、もう、ありません。

そして、本当のパワーナップの効果は、仕事中、疲れた頭を短時間の睡眠でリフレッシュできる点です。

ぼくの場合、クタクタに疲れた思考能力ゼロの状態の脳ミソを5分間睡眠で100%回復したことがあります。

5分間しか寝ていないのに7時間くらい寝たスッキリ感を得る事ことができました。

パワーナップのやり方

睡眠時間は25分以内

パワーナップをやるとき、睡眠時間は25分以内が良いとされています。

睡眠時間は30分以内という説もあります。

それ以上の時間寝てしまうと起きた時に体のダルさや眠気を感じるようになります。

自分の体験を振り返ると、25分も寝る必要はありません。

5分から15分くらいの睡眠でパワーナップは十分効果を得られます。

睡眠のスタイル

パワーナップはデスクなどイスに座って行うとよいと言う人もいます。

その方が深い眠りに入らず短時間で目が覚めやすいからです。

ただ、ぼくは座った状態で寝るのが学生の頃からヘタクソ!

だから、ぼくはイスに座って寝ません。

自宅作業なので誰にも気兼ねなく横になります。

注意すべきは、横になっているので深い眠りに入らないようにすること。

iPhoneでタイマーを鳴らすようにしています。

パワーナップを試験的に導入中

1週間ほど前から意識的にパワーナップを取り入れてます。

通常は1日に1回、長時間ワークの時は2回くらいスケジュールに組み込みます。

概ね良好、効果があります。

会社勤めの方はパワーナップできる環境がないかもしれませんが、自宅作業の方などにはおすすめします。

ただ、タイマーをかけ忘れて寝過ごさないように気をつけましょう。

実は、今日、パワーナップに失敗しました。

気がつくと90分ほど時間がたっていました。

90分というのは浅い眠りと深い眠りの周期に相当します。

これは立派な睡眠でパワーナップといわず「昼寝」というそうです。

おおかた成功、時々失敗を繰り返しながら今後もパワーナップを取り入れていきます。

まとめ

  • パワーナップとは時間あたりに対する睡眠の効用を最大化する睡眠法のこと
  • パワーナップの睡眠時間は25分以内に
  • デスクで睡眠をとったり、タイマーをかけて睡眠をとり寝過ごしを防止すること