アウトドアで原稿を書こうin小金井公園・東京江戸たてもの園

最近、1日中、文章を書いています。
「本業」の仕事では企画書やコピーを、「ブログ」では記事を、「電子書籍」では原稿を書いています。
さすがに3つあって文章を書き続けていると集中力が落ちます。
効率アップを図るためにもいい気分転換の方法を見つけたいところです。

効率を高めるためコワーキングスペースの利用を検討

そこで、セカンドプレイスを探すことにしました。
ふだん、僕は自宅で作業しています。
セカンドプレイスで「電子書籍の原稿」を、自宅では今まで通り「本業」と「ブログ」を、というように場所を切り替える作戦です。
場所が変われば気持ちの切り替えもでき、はかどると思います。

第一候補は近くのコワーキングスペース。
ただ、自宅は23区外の多摩地区。
23区内にコワーキングスペースはたくさんあります。
ウチの近所には絶対ないだろうなと思いつつ調べてみると意外にもいくつかありました。
ただ、残念なことに土日はお休み。今日は土曜なので来週チェックしにいくことにします。

天気のいい今日は思い切ってアウトドアで作業!

ということで今日は天気もいいのでアウトドアで「電子書籍」の作業をすることにしました。
近所には都内でも有数の国立公園がいくつかあります。
今日はそのひとつの小金井公園にいきました。
大きな公園です。

2015-09-30 16.10.28

イスとテーブルを見つけてそこでMacBookAirを広げて作業することにしました。
ただ、天気がいいのでテーブルとイスは家族連れでいっぱいでした。

江戸東京たてもの園でアウトドアワークスペースを確保!

2015-10-03 16.25.03

もう帰ろうかなと思ったら東京大茶会2015の看板を発見!
「入園無料」と書いてあります!(通常・大人は400円かかります)
そうだ、ここがあったか!と早速、江戸東京たてもの園に入場しました。

入園しあてすぐのところに休憩スペースがあります。
テーブルとイスが並んでいます。空席もあり、ここで作業開始!MacBookAirを開いたところが僕のコワーキングスペースです。いい天気の中で作業をしたら、いいアイデアが浮かびました。

2015-10-03 16.22.01

ジブリのモデルにもなった江戸東京たてもの園

2015-10-03 16.18.10

ご存知の方も多いと思いますが江戸東京たてもの園には優れた建築物がたくさんあります。
スタジオジブリのアニメ「「千と千尋の神隠し」に登場する「油屋」のモデルになったといわれる子宝湯。それから高橋是清邸、前川國男邸など映画のセットのような建物がいっぱいです。
作業を終えたあといろいろな建物を眺めてきました。

いい気分転換になりました。
場所を変えて作業するって結構効果がありますね!

まとめ

  • 作業を効率よくこなすためコワーキングスペースの導入を検討
  • アウトドアでもテーブルとイスがあればワーキングスペースになる
  • 場所を変えるといいアイデアがひらめく

電子書籍出版コンテストで企画が採用されました。少しずつ書き始めます。

先月、電子書籍出版コンテストに参加して、企画が採用されました。現在、出版する方向で話が進んでいます。出版社は、読まれる本をつくる出版社「金風舎」さんです。

書籍の原稿を書くのは初めて

僕はプランナーやコピーライターとして企画書、広告、パンフレット、カタログ、会社案内、ホームページなどの原稿を書いてきました。でも、書籍の原稿は初めてです。

ちょっと勝手がちがいます。
このほんのちょっとの「勝手のちがい」が大きな障害となることがあります。

たとえば、僕は1年前までブログの記事を書き続けることができませんでした。
実は何回かブログを立ち上げたことはあります。そのたびに記事を書き続けることができずブログをボツにしてきました。当時、この結果は予想外でした。

仕事で文章を書いているのでブログの記事もスラスラと書けると思っていたのですが…ダメだったんです。
テーマがあって、資料があって、クライアントのことを書くのと、ブログの記事を書くのは似ているようで勝手がちがいました。

少しずつ書き始めることにします

その後、ちょっと「特訓」を経てブログの記事が書き続けられるようになりました。
「特訓」に関しては詳しく書きませんが「自主トレ」「コンサルティング」「セミナー」の3つの合わせ技で脱皮に成功しました。

おかげでブログの記事をスラスラ書けるようになりました。

さて、そんな僕の前に、今、立ちふさがったのが電子書籍です。
ドッドーンと立ちふさがっています。
書籍は未知の分野です。
僕にとって新しいジャンルへの挑戦です。
ブログのようにスラスラ書けるようになるといいのですが…
「特訓」を思い出して少しずつ書き始めることにします。

まとめ

  • 電子書籍出版コンテストに参加して、企画が採用され、金風舎さんから出版する予定
  • 1年前、ブログの記事が書けなかったが「特訓」のおかげでかけるようになった
  • 電子書籍もブログの「特訓」を活かして書いてみる、というお話