伊藤 嘉明・著『どんな業界でも記録的な成果を出す人の仕事術』はオススメ

今回、書評で取り上げるのは『どんな業界でも記録的な成果を出す人の仕事術』(東洋経済新報社)です。
サブタイトルは『なぜ、よそ者が「業界のベテラン」に勝てるのか?」。

常に不利な状況から部署や会社を立て直してきた

この本を思わず買ってしまったのは、かつて僕も関わっていた業界の話が書いてあったからです。
著者・伊藤 嘉明さんのプロフィールは以下の通り。

2000年 31歳で日本コカ・コーラの最年少部長に就任。
 2004年 デルに入社。8期連続未達だった部署を7期連続達成の常勝軍団に変身させる。
 2007〜8年、レノボ、アディダス・ジャパンなどで要職を歴任。
 2009年 ソニー・ピクチャーズ・エンターテイメント入社。マイケル・ジャクソンのDVD『THIS IS IT』を業界の常識を覆し、大ヒットさせる。
 2014年 ハイアール アジア代表取締役兼CSO就任。

僕はDVDやブルーレイの仕事をしていたので伊藤さんのソニー・ピクチャーズ・エンターテイメント時代の話が特にハマりました。

マイケル・ジャクソンのDVD『THIS IS IT』の売り方で伊藤さんは勝負に出ました。

レンタルやセルの業界はTSUTAYAとGEOが注文数で売上数がほぼ決まります。過去データから数字が読めてしまうのです。
会社の部下たちが「35万枚売るのだって難しい」といっているのに、よその業界からやってきた伊藤さんは過去データや数字を無視して「200万枚売る!」と宣言します。

余談ですが、僕も、常識を打ち破るようなことを宣言するプロデューサーと仕事をしたことがあります。
その時のことを具体的には書きませんが、正直、僕は「このプロデューサー、何をいっているのだろう?」「頭、大丈夫だろうか?」などと思いました。
でも、その方はちゃんと作戦を持っていて常識を覆す大成功を収めました。
時々、いるんです。そういう天才みたいな人が。
伊藤さんも間違いなくそういう人です。
販売チャネルの拡大という発想の転換で「『THIS IS IT』を200万枚売る!」宣言を達成してしまいます。

人生はたったの一度きりだ。自分を信じて突き進もう。

『どんな業界でも記録的な成果を出す人の仕事術』には色々なエピソードが収められ、不利な状況から逆転していく話はワクワク感さえ感じました。おかげであっという間に最後まで読み通しました。経営者の方の自伝的な内容ですが、読み終えると元気を貰えます。

本文中にとてもいい言葉がありましたので以下に引用します。

何かを成しとげるのに、経験も知識も年齢も関係ない。
「やってやる」という気持ちと、やりとげるために最善の努力をする覚悟があるかどうかだけが、できるかできないかを分つのだ。(133P)

自分でコントロールできないことに期待するのは、愚か者のすること。(136p)

人生はたったの一度きりだ。人の言うことを聞いて終わるより、自分を信じて突き進もう。

知識よりも経験よりも姿勢が大事だ。(略)姿勢とは、たとえば、前向きなマインドであり、新しいことを取り入れるために全力を尽くす覚悟のこと

まとめ

  • 『どんな業界でも記録的な成果を出す人の仕事術』は業績の悪い部署・会社に入り成果を上げてきた伊藤 嘉明さんのこれまでの経験をまとめた本
  • 様々なエピソードが語られ、あっという間に最後まで読み通せ、元気が貰える本
  • 経験に基づいた「いい言葉」がたくさん収録されている

Audible(オーディブル)の始め方4【調整編】機能を最適化して使おう

Audibleは直感的に操れる使いやすいアプリです。
それでも本を読むスピードが人それぞれ違うようにAudibleも各自が快適に聞けるように機能を調整する事をおすすめします。

再生速度は使う目的で調整を

まずは、基本中の基本。再生速度の調整です。
0.75倍から3倍まで7段階あるので自分に最適な速度で再生しましょう。
2015-09-20 11.27.55

1倍だと「遅いな」と思ったら速く、
1度聞いて2回目に確認のために聞き直す時は2倍、3倍のスピードで素早く聞く、
というように目的によって速度を使い分けることができます。

「ボタン無しで指だけ操作」は思っていたやり方とちがった

Audibleを実際に使ってみると「あっ、こうやるんだ」という部分と、
「ちょっと使いづらいな」という部分がでてきました。

「あっ、こうやるんだ」と分かったのは「ボタン無しで指だけ操作」の仕方。
これは以下のように再生画面でできるのかと思っていたら違いました。

Botan-nashi-chart

右上の「・・・」をタップ。次に「ボタンなしで操作」をタップ。
これで表示された画面の状態でないと「ボタン無しで指だけ操作」はできません。

このオレンジの矢印や文字にそってスワイプしたりタップすると「ボタンなしで操作」ができます。

ブックマークの2通りのやり方

ブックマークのやり方は2通りあります。

やり方その1:再生画面下のメニューの「+ブックマーク」をタップする
やり方その2:「ボタン無しで指だけ操作」画面で矢印にそって指を下にスワイプさせる

Bookmark-shikata-chart

ブックマークの確認の仕方

ブックマークしたナレーションの確認は、
「・・・」からメニューへ移動、メニューのブックマークをタップすると表示されます。

Bookmark-chart

ブックマークは「巻き戻し/早送りの秒数」調整で使いやすく

でも…、このブックマーク機能は使いづらいです。

その理由は、
聞いていてココをブックマークと思ってタップしても、実際に録音されるのはタップした後の部分。
つまり、一番聞きたい肝心のところは録音されず聞くことができません。

また、ブックマークを再生するとそこからずーっと再生されます。
どこからどこまでがブックマークした部分なのか、分かりづらいです。
これが活字の本なら色のついたマーカーでくっきり目につくのに…。

これをもう少し使いやすくする方法は「巻き戻し/早送りの秒数」の調整です。
ライブラリー>その他>設定>巻き戻し/早送りの秒設定に行きます。
90秒から10秒まで5段階の設定で秒数を選べます。

2015-09-18 10.45.45

デフォルトだと「30秒前に戻る」「30秒後に進む」の設定になっています。
ブックマークで確認する場合、「30秒前」だと戻り過ぎです。(あるいは進み過ぎ)
10秒の設定の方が自分がブックマークしたナレーションを探しやすくなります。

以上のようにいろいろ調整すると使いやすくなります。

まとめ

  • 再生速度は0.75倍から3倍まで7段階あるので自分に最適な速度で再生しよう
  • ボタンを使わず操作する時は「ボタン無しで指だけ操作」画面で矢印にそってスワイプ、タップで操作する
  • ブックマーク機能は「巻き戻し/早送りの秒数」の調整すると使いやすくなる

Audible(オーディブル)の始め方3【体験編】flierで『HARD THINGS』を聞く

Audibleでオーディオブック『HARD THINGS』を聞いてみました。
収録時間は約24分。これは本編のエッセンスを凝縮したflierシリーズで聞く要約版です。

まるでIT業界のジャック・バウアー!? 絶体絶命の連続!

 著者のベン・ホロウィッツはネットスケープ社を経て、
1999年、世界で初めてのクラウドコンピューティング会社ラウドクラウドのスタートアップに参加。
そのホロウィッツはCEOとして様々なHARD THINGS(絶体絶命的な困難)に直面してきました。
例えば、
■ ドットコムバブル破裂
■ ベンチャー資金の枯渇
■ 株式公開
■ 大口顧客の倒産
■ 契約破棄など
まるでIT業界のジャック・バウアーのように次から次へと絶体絶命状態がやってきます。
でも、最終的にはあの手、この手を使ってピンチを乗り越えます。
『HARD THINGS』はそんな困難を乗り越えた事例を紹介、
というのがflierシリーズで聞く要約版の主な内容です。

“答えのない問題”に直面した人たちの生々しいやりとり

 オーディオブックの冒頭部分は「あなたが聞いているのはこんな内容で要約版です」的な説明。
その後、『HARD THINGS』の全体的な内容を紹介しつつ、一部を抜粋して聞かせるという構成になっています。
冒頭の説明と全体的な内容紹介は重複する部分もあり、ちょっと退屈でした。
でも、本文の一部抜粋になると内容がドラマチックなので聞き応えがありました。
パートナーのマークがベンに言った言葉が印象的です。
スタートアップで一番良い事は何か?という次のジョークをいった。
「2種類の感情しか体験しないこと。歓喜と恐怖さ。しかも、寝不足がその両方を促進するのだ」

これらのエピソードを聞いた感じでは、『HARD THINGS』には
“答えのない問題”に直面した人たちの生々しいやりとりが描かれているようです。

ぼくはCEOでも投資家でもありませんが、HARD THINGSに直面した時、
著者と同じように考え行動できるか全く自身がありません。
たぶん、HARD THINGSに対する答えはその場、その場で各自が必死に考えるしかないのです。

『HARD THINGS』に贈られた言葉にこんなものがありました。

経営書は、偉大な会社になるための法則があるという。しかし、イノベーションはコピー不可能なのだ。
ホロウィッツは、成功を保証する法則なんてないことを熟知している。
ピーター・ティール(ペイパル共同創業者兼ファウンダーズファンド共同創業者)

法則だけでは乗り越えられない、コピー不可能なイノベーションがHARD THINGSを乗り越える唯一の方法なのでしょう。

Audibleで『HARD THINGS』の要約版を聞いて…
すぐ書籍を購入!というところまで行きませんが、興味は十分そそられました。
今度、本屋に行ったら手に取って中身をもう少し確認すると思います。

Audibleの使い方が分かるシリーズ「1」「2」は以下からどうぞ。

まとめ

  • Audibleでオーディオブック「HARD THINGS」は24分間で聞けるflierシリーズの要約版
  • 『HARD THINGS』の著者のベン・ホロウィッツはCEOとして様々なHARD THINGS(絶体絶命的な困難)に直面してきた
  • 『HARD THINGS』には“答えのない問題”に直面した人たちの生々しいやりとりが描かれている

Audible(オーディブル)の始め方2【機能編】倍速、ブックマークなど多機能

Audible(オーディブル)の始め方【内容編】に続き、今回は【機能編】です。

Audibleの基本画面

 スマートフォンにダウンロードしたらアプリをタップしましょう。
タップして表示されるライブラリーは空っぽです。
一番下にメニューがあります。
左から「ライブラリー」「コンテンツ」「マイデータ」「その他」。
shita-menu
「コンテンツ」をタップすると「Audibleのおすすめ」コンテンツが表示されます。
2015-09-18 06.39.06
左上の「カテゴリー」をタップすると9つのテーマと27のジャンルが表示されます。そちらからも選べます。
2015-09-18 10.53.03
もちろん、検索機能もあります。

「再生」と「戻る」「進む」はボタン操作でもスワイプでもOK

早速「スティーブ・ジョブズのプレゼン技術を学ぶ本」と
「7つの習慣プライベートコーチ」をダウンロードしてみました。
ダウンロードするとライブラリーに表示されます。
2015-09-18 10.45.27
ライブラリーの「7つの習慣プライベートコーチ」をタップすると以下の画面になります。
ビジュアルの下に「再生ボタン」と「30秒前に戻るボタン」「30秒先に進むボタン」があります。
2015-09-18 06.59.39
表紙のアイコンをタップすると「再生ボタン」と「前に戻るボタン」「次に進むボタン」に切り替えることができます。
2015-09-18 07.00.37
ちなみに 「ブックマーク」と「30秒前に戻る」「30秒先に進む」は以下のようにボタンを使わずスワイプでも行えます。
2015-09-18 08.07.08

8段階の再生速度で快適リスニングを実現、
ブックマークで重要個所をチェック!

画面一番下には「再生速度」「目次」「ブックマーク」のメニューがあります。
shita^menu2
「再生速度」はナレーションのスピードを調整できます。
0.75倍〜3倍まで8段階になっています。
自分のペースに合わせてリスニングできるので快適です。
「ブックマーク」は重要個所にマーカーで印をつけるようにナレーションをブックマークできます。
右上の「・・・」をタップすると
sonota以下のの7つのメニュー、
「ブックマーク」
「スリープタイマー」
「ボタンなしで操作」
「詳細を見る」
「シェアする」
「既読にする」
「画面テーマを変更」が表示されます。
2015-09-18 13.59.20

リスニングタイムも確認できる

 Audibleはどれくらい聞いたか、リスニングタイムを自動的に集計してくれます。
集計したリスニングタイムは「本日」「日ごと」「月ごと」「合計」で確認できます。
この機能はホーム画面一番下の「マイデータ」をタップすると表示されます。
2015-09-18 08.42.12

シェア機能やテーマのカラー変更もできる

ホーム画面一番下の「その他」では「巻き戻し/早送りの秒設定」が行えます。
「シェアする」も「その他」のメニューにあります。
2015-09-18 10.44.55
白地を黒字に切り替える画面のテーマ変更(暗)も「その他」でできます。
white-black

 

まとめ 

    • いずれの機能も直感的に使用できる設計になっているので使いやすい
    • 人によって本を読む速度が異なるので「再生速度」が切り替えられるのは便利
    • タッチするだけでブックマークできるので重要なポイントを後で確認できる

 

Audible(オーディブル)の始め方1【内容編】名作、ベストセラーが“聞き”放題

Audibleは月額1500円でオーディオブックが聞き放題のサービスです。
7月にAmazon傘下の米国Audibleが日本上陸。その時はAndroidしか対応していませんでしたが、9月9日からiOS対応を始めました。

Audible無料体験してみました

現在、Audibleは無料体験を実施しています。(2015年9月18日現在)
最初の1ヵ月だけ無料で視聴できます。
オーディオブックは初体験です。

どんなものか無料体験してみました。

無料体験は…
Audibleホームページから申し込めます。

AmazonにもAudibleページがありテーマやジャンル別にオーディオブックが紹介されいます。読みたい本を探す時はこのページが便利です。

無料体験の申込にはAmazonのアカウントが必要です。もし、お持ちでない方は以下を参考にしてください。
【アカウントの作成】http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201118760

アカウントをお持ちなら、Audibleホームページの「無料体験スタート」ボタンを押して指示に従って申し込みましょう。

Audibleにはどんな本があるのか?

Audibleには、以下のように9つのテーマと27のジャンルがあります。
古典から名作、ベストセラー、話題の書までいろいろ揃っています。
驚いたのは「ラブストーリー」はないのに「ボーイズラブ」というジャンルがあること。
大好きな声優に耳元でボーイズラブを囁かれたら文字以上にドキドキするのかも…。

1 フィクション

名作文学
古典文学
時代小説
ミステリー
ホラー・ファンタジー
ロマンス
現代文学

2 絵本・童話

絵本・童話

3 ビジネス

ビジネス書
自己啓発

4 落語・講談

落語・講談

5 思想・社会

宗教
社会・政治

6 ヒーリング

ヒーリング
暮らし・健康・社会

7 ライトノベル・BL・声優

ライトノベル
ボーイズラブ

8 語学・学習

語学・学習
学習参考書

9 その他

ノンフィクション
評論・対談
自伝・伝記
旅行記
サイエンス
エッセー随筆
日本史
世界史

忙しい人向けに、Audible flierという20分要約版もある。

Audibleにはflierというシリーズがあります。
これは“20分で聞けるビジネス書”というコンセプトのシリーズ。
気になっていたが忙しくて読めなかった(聞けなかった)本の内容を要約してあります。
20分でその本のポイントを把握できるので通勤や車での移動、ランニング中に聞くのにちょうどいい情報量です。
これを聞いてもっと知りたいと思ったら書籍のページで購入できます。(もちろん、書籍購入代は別途発生します)
本当に読む価値はあるかを確認するのにflierシリーズは便利です。

 

Audibleの使い方が分かるPART2【機能編】は以下からどうぞ。

まとめ

  • Audibleは月額1500円でオーディオブックが聞き放題のサービス
  • Amazon傘下の米国Audibleが7月に日本上陸。その時はAndroidしか対応していませんでしたが、9月9日からiOS対応を開始
  • Audibleには9つのテーマと27のジャンルがあり、古典から名作、ベストセラー、話題の書まで揃っている
  • flierというシリーズは“20分で聞けるビジネス書”というコンセプトのシリーズ。通勤や車での移動、ランニング中に聞くのにちょうどいい情報量

『問題解決ラボ』(佐藤オオキ・著)は新しい視点で問題を解決する

今回は『問題解決ラボ』という本を紹介します。デザイナー、クリエイターといった専門家はもちろん、企画の仕事をしている人から日常生活の中でちょっとした問題を抱えている人にもオススメの一冊です。国内外の企業を相手に様様な問題を解決してきた佐藤オオキさんの問題解決メソッドがこの本に詰まっています。

著者・佐藤オオキさんはこんな人!

『問題解決ラボ』の 著者・佐藤オオキさんは

① 世界的に評価の高い日本を代表するデザイナー

② 経歴がすごい(ルイ・ヴィトン、コカ・コーラバカラ、エルメス、スターバックスなどの国際的な企業をクライントに建築からファッション、インテリアまで幅広く活動。2006年Newsweek誌「世界が尊敬する日本人100人」に選出されました)

③ ひらめきの技術をロジック化できる人

④ 分かりやすい文章を書ける人

⑤ ユーモアのある人

です!

①と②に関してはGoogleで検索するとWikipediaおnで確認できる情報です。

③〜⑤に関しては『問題解決ラボ』を読まないと分かりません。

この③〜⑤の3つの才能「ロジック化」「分かりやすい文章化」「ユーモア」のおかげで、これまで多くのクリエイターが挑戦しながら語り尽くせなかった「ひらめき」の技術を佐藤オオキさんは『問題解決ラボ』で余すところなく語り尽くしています。

そういう意味でお買い得な本です。

新しい視点を提供することで目の前にある問題を解決する。
それが「ひらめき」の技術であり、デザイン。

2015-08-02 21.26.26

 

『問題解決ラボ』の「はじめに」に

重要なのはデザインのジャンルではなく、新しい視点を提供することでいかにして目の前の問題を解決できるか、です。(iiページ)

と書いてあります。また、こうも書いてあります。

何か現状を改善する。何かしら状況をよくするという糸口をみつけるというのがデザインだと思うんです。(略)ごみを捨てるにしても、より効率よくできる方法を工夫するだけでも立派なデザインです。(略)インテリアをやったりロゴを作ったりしなくても価値を生み出せる。そのために新たな視点を持ち込むことが、「デザイン的な考え方」なのです。(202ページ)

以上のことから佐藤オオキさんが考えるデザインは「色」や「カタチ」以前に、問題を解決する新しい視点であることが分かります。

この新しい視点こそ「ひらめき」です。そのためデザイナーやクリエイターではない人でも「ひらめき」の技術を習得することが可能なのです。

…と、紹介すると教科書みたいな堅苦しい本と思われるかもしれませんが、全然、そんなことはありません。

クスッと笑ってしまうエッセイのような感じで書かれているのでとても読みやすい本です。

分かりやすい章の構成と、すぐ使える具体的な方法

2015-08-02 21.26.53

『問題解決ラボ』は以下の章構成になっています。

第1章 デザイン目線で考えると、正しい「問い」が見えてくる───オオキ流「問題発見」講座

第2章 デザイン目線で考えると、ありそうでなかった「アイデア」が見えてくる──オオキ流「アイデア量産」講座

第3章 デザイン目線で考えると、ホントの「解決法」が見えてくる───オオキ流「問題解決」講座

第4章 デザイン目線で考えると、刺さる「メッセージ」が見えてくる───オオキ流「伝え方」講座

第5章 デザイン目線で考えると、見えない「価値」が見えてくる───オオキ流「デザイン」講座

 

「問題発見」「アイデア量産」「問題解決」「デザイン」など、ひらめきの技術を求められている人ならすぐ知りたいと思うテーマが章立になっています。

最初から順番に読んでもいいし、自分の知りたいテーマの章から読み始める事も出来ます。

また、各章の中には9〜10個の項目があり、それぞれにすぐ使える具体的な方法が書かれてあります。

2015-08-02 21.27.33

具体的な方法の例として、「そのアイデア、電話で友だちのオカンに話して伝わりますか?」(138p)というやり方があります。

これは、何の専門知識のない人に電話で商品コンセプトを伝えて面白いと思ってもらえるかが、良い「アイデア」か、わるい「アイデア」かを判断するポイントになるそうです。

こういった具体的な例がたくさん出てくるので『問題解決ラボ』を読むと試しに、自分でもやってみようという気になります。

実際、やってみると、自分のアイデアの善し悪しを確認できたり、問題解決につながるアイデアが生まれるようになりました。

『問題解決ラボ』は「ひらめき」の技術について書かれた優れたガイドブックです。

また、ロジカルで具体的で分かりやすい文章ゆえに問題を解決するために実際に使いこなすことができる貴重な一冊です。

まとめ

  • 『問題解決ラボ』の著者・佐藤オオキさんは、世界的に評価の高い日本を代表するデザイナー
  • これまで多くのクリエイターが挑戦しながら語り尽くせなかった「ひらめきの技術」を佐藤オオキさんは『問題解決ラボ』で余すところなく語り尽くしている
  • 新しい視点を提供することで目の前にある問題を解決する。それが「ひらめき」の技術であり、デザイン
  • 『問題解決ラボ』では分かりやすい章の構成と、すぐ使える具体的な方法が紹介されている