トム・クルーズが冷酷な殺し屋を演じる『コラテラル』から学ぶこと

自分に投資するように本を読むことを「リバレッジ・リーディング」といいます。
自分に投資するように映画を鑑賞することを「リバレッジ・ムービー」ということにします。

映画やドラマシリーズなど動画コンテンツの新しい観賞スタイルを考えてみる

映画を見に行く時や動画配信サイトでコンテンツを選択する時、ユーザーのコメントやブログの映画評を参考にします。
コメントや映画評はだいたい「面白かった/つまらなかった」「よくできている/全然だめだ」「好き/きらい」と観賞軸で語られています。
それらは参考になりますが、もう少しちがう観賞の仕方はできないだろうか、と考えてみました。

なんでそんなことを思いついたかというと、最近、映画、DVD、ブルーレイに加えて定額見放題のHulu、Netflix、Amazonプライム・ビデオなどの動画配信サービスがスタートしているからです。つまり、コンテンツを見る選択肢は広がっているのだから、観賞の仕方ももっとバリエーションがあっていいだろうと考えました。

そこで、自分に投資するように映画を鑑賞できないだろうか?と考えました。
ここでは仮に「リバレッジ・ムービー」と名付けておきます。
映画やドラマシリーズを見て、自分は何を学んだか、を重視する観賞スタイルです。

観賞する作品はトム・クルーズの『コラテラル』

2004年に公開された作品ですが、現在(2015年10月)、Hulu、Amazonプライム・ビデオで視聴できる『コラテラル』を取り上げます。

『コラテラル』はタクシーの運転手が殺し屋を乗せたことから事件にどんどん巻き込まれていくストーリー。
殺し屋はトム・クルーズ、運転手はジェイミー・フォックスが演じています。

詳しいストーリーはネタバレになるのでここでは触れません。

その代わり、『コラテラル』の概略を紹介します。

『コラテラル』とは巻き込まれるという意味です。
殺し屋の殺人に巻き込まれる運転手というニュアンで使われています。

同時に主人公の運転手が人生に対して受け身の人物として描かれています。
物語が始まった段階でいい人だけど積極的に行動しないキャラクターとして描かれます。

乗り合わせた女性(検事)と話が弾みますが電話番号とか聞けないのですね、彼は。
タクシーを降りて去っていく彼女をミラー越しにみてちょっとがっかりしています。
でも、女性の方が気を利かせてタクシーに戻り彼に名刺を渡してくれます。

その直後に乗り合わせたのがトム・クルーズ演じる殺し屋。
ジェイミー・フォックス演じる運転手は殺し屋が次々と起こす殺人事件に巻き込まれていきます。

一瞬、殺し屋がセミナーの講師に見える

実は運転手は「セレブ相手の超高級リムジン配送会社のオーナーになる」という夢を持ち、先ほどの女性や母親に吹聴しています。
でも、実際はタクシーの運転手。本人は「腰掛けのつもり」みたいな言い訳をしますが、すでにタクシー歴12年。

殺し屋と運転手はニッチもサッチもいかない状況の中でこんな会話をします。

殺し屋「(運転手に向かって)リムジン会社設立のためにいくら貯めた?」
運転手「余計なお世話だ」
殺し屋「いつか夢がかなうと思っているのか?ある夜、目を覚まして気づくはずだ。夢はかなうことなく自分が老いたことを。お前は本気でやろうとしない。」
運転手「・・・・・」
殺し屋「リムジン(を購入するため)の手付金くらい打ったらどうだ?あの(名刺をくれた)女に電話は(するのか)?」

無言の末に運転手はやっと答えます。
「俺は自分の生き方を考えて来なかった。(こんな風になれたいいな、と)思うだけだった(だから、俺は行動を起こしてこなかった)」

この会話のあと、運転手の決断と行動で物語は大きく動き出します。

「いつか夢がかなうと思っているのか?」と問いかける殺し屋のトム・クルーズはセミナーの講師か勉強会のフェシリテーターみたいでした。

さて、リバレッジ・ムービーで『コラテラル』から学んだこと。
それは殺し屋が教えてくれた「いつか夢がかなうと思っていてはダメ!行動に移せ!」というメッセージでした。
いずれ運転手を殺そうと考えている殺し屋に人生の教訓を言わせるところがニクイですね。

まとめ

  • 自分に投資するように映画を鑑賞する「リバレッジ・ムービー」で『コラテラル』をチェック
  • 『コラテラル』はトム・クルーズ、ジェイミー・フォックス共演の巻き込まれ型サスペンス
  • 殺し屋から学んだこと。「いつか夢がかなうと思っていてはダメ!行動に移せ!」

検索アナリティクスのクエリの上位にあったのは予想外のキーワードだった

Search Console の 検索アナリティクスをチェックして当ブログがどんなキーワードで表示されているか調べてみました。

Netflix、Amazonプライム・ビデオ関連のキーワードで多数、表示されている

検索アナリスティクスは、Search Console >検索トラフィック>検索アナリスティクス で表示されます。
検索キーワードを手軽に分析できる機能です。
サイトがどれくらいの頻度で Google の検索結果に表示されたかがわかります。

当ブログがどんなキーワードで表示されているか?というと
Netflix、Amazonプライム・ビデオ関連のキーワードで検索されています。

これはある程度、予想していました。
9月にはNetflixとAmazonプライム・ビデオがそれぞれスタートしています。
それにちなんで当ブログでは以下のように関連記事を多数アップしています。

【こちらの関連記事もどうぞ。クリックでご覧になれます】
◆ Hulu、Netfixに続きスタートするAmazonプライム・ビデオのポイント!
◆ Netflix(ネットフリックス)ついにスタート!1ヵ月無料体験やってみた!
◆ ビッグデータでキャスティング!?Netflix制作のオリジナルドラマがもたらす影響
◆ Netflix『デアデビル』エピソード1はリアルで、ヒーローもの+謎解きの面白さ!
◆ Netflix公開オリジナルドラマ『デアデビル』を見る前に知っておきたい4つのこと
◆ Amazonプライム・ビデオが有利?コンテンツ豊富なのに探しづらいHulu
◆ Amazonプライム・ビデオのオリジナルドラマ『トランスペアレント』レポート
◆ 予測不可能な展開!?Amazonプライム・ビデオの『ミスター・ロボット』

Netflix、Amazonプライム・ビデオは「アダルト」なし。なのに…

ところが、予想外のキーワードで表示されていました。
そのキーワードとは「Netflix アダル◯」「Amazonプライム・ビデオ アダル◯」です。
※ ◯には「ト」が入ります。この記事が検索キーワードでヒットしないように伏せ字にします。

以下は検索アナリスティクスのスクリーンショットです。
こんな感じでベスト4のうち2つに入っています。
スクリーンショット 2015-09-29 15.04.26 しかし、当ブログでは「アダル◯」に関する記事は書いていません。
どうしてだろう?と「Netflix アダル◯」で検索すると1ページ目に当ブログのページがヒットしました。
スクリーンショット 2015-09-29 14.48.37「(Netflixは)アダル◯(作品)はなし」と書いている部分が「Netflix アダル◯」でヒットしているようです。

ガッカリした人が増えると直帰率が増加する

「Netflix アダル◯」で検索している人は「Netflixでアダル◯作品を視聴できるのかな?」と思って検索しているのでしょう。
そのとき、当ブログを含む同様の内容のページがヒットします。
でも、そこで得られるのは「Netflix、Amazonプライム・ビデオ、Huluはアダル◯作品を扱っていない」という情報です。
検索した人はガッカリしたでしょう。知りたかったのはそういう情報とは違うとおもいますので…。

このブログはアクセスが増えた時、直帰率が増加し、平均ページ滞在時間が減少する傾向があります。
考えられるのは検索してきたけど満足のいく情報が得られなかったという理由です。
その一因として考えられるのが今回のような「ガッカリさん」の存在だと思います。

今後、動画配信サイトの記事を書く時は「アダル◯」という表現を別の言い方にして表示されないようにしたいと思います。
例えば、「親子で見ると気まずくなる大人向け」とか…、それなら「Netflix アダル◯」のトップページに表示されないでしょう。

今回のことは検索アナリティクスを眺めていて偶然気がつきました。
意図した文脈とは無関係にキーワードになる、という事実に驚きました。
今後、記事のライティングの際には、気をつけていきたいと思います。

まとめ

  • 検索アナリスティクスは、Search Consoleの検索キーワードを手軽に分析できる機能
  • 実際にチェックしてみると予想外のキーワードで検索されている事がわかった
  • 今後は別の言い方で対応し、無関係なユーザーのアクセスを防ぐようにする

Amazonプライム・ビデオが有利?コンテンツ豊富なのに探しづらいHulu

本日は2015年9月22日。9月下旬スタートを予告しているamazonプライム・ビデオがもうすぐスタートします。現在、僕はHuluと契約中、Netflixは無料視聴中(10月1日まで)です。ここにamazonプライム・ビデオがスタートと同時に加わります。人生初の動画配信サービス3本体制になります。

しかし、動画配信サービスを3本も契約する必要はありません。
Hulu、Netflix、amazonプライム・ビデオの中から1つを選ばなければならない、という僕と同じような人が2015年10月初旬に増えると予想されます。

そこで、どの動画配信サービスを選択すべきか…という問題に対して本日は考えてみました。

プライム会員なら自動的にamazonプライム・ビデオを選択

まず、有利なのがAmazonプライム・ビデオ。
僕はプライム会員なのでAmazonプライム・ビデオが始まると同時に無料で視聴できるはずです。
プライム会員は、年間3980円かかかります。
12ヵ月で÷とだいたい月額332円くらいです。
しかも、これは動画の利用料だけではりません。
タイムオフセールの優遇、商品の発送代の無料、翌日配達といったサービスが含まれています。
そう考えると利用料はとても安い。
プライム会員でない方も、日頃、Amazonを利用している方はこれを機会にプライム会員になるという選択肢もあります。
なので、Amazonプライム・ビデオはお得ゆえに生き残る確率がかなり高いです。

俳優名、監督名で作品を探せないHulu

すると、HuluとNetflixの一騎打ちになります。
この2つのうち1本を残すか?あるいは、両方サヨナラするか?ということになります。

どうも不利に思えるのがHuluです。その理由は…

NetflixやAmazonビデオには俳優名や監督名が表示され、その名前をクリックすると関連作品がパッケージ写真と共に表示される仕組みになっています。これはiTunesも同じです。

ところが、Huluはこれができません。
そもそも、俳優や監督を紹介する情報がないのです。
なので俳優名や監督名をクリックするだけで関連作品を表示できません。
監督や俳優で作品を見たい、追いかけたいという人には不便です。
(もっとも、俳優名や監督名をサイト内検索すると関連作品が表示されますが、面倒です)
この機能が他の動画配信サービスにあってHuluにはないという点で、これは大きなマイナスポイント。

325821d537dfe901abe899072ae3c4f7_m

先行しているHuluはコンテンツが充実

以上の理由から個人的にはHuluはクビだな!と思っていました。
でも、もう一度、Huluをチェックしました。
すると、現時点においてコンテンツの充実度はNetflixに比べ優れていると再認識しました。
(Huluのスタートは早く先行しており、Netflixは今月スタートという環境の違いのせいかもしれませんが…)
Huluは、特にドラマシリーズが豊富です。
映画もそこそこ豊富です。
ただ、ジャンル分けが細かくないのが気になります。
他の動画配信サービスに比べ、やはり、Huluはお目当ての作品を探しづらい、と思います。

3つの動画配信サービスからどのサービスを選択すべきか?という問題はAmazonプライム・ビデオがスタート後、Hulu、Netflixを加えた3者をじっくり比べて最終的に決めたいと思ます。

まとめ

  • 本日は2015年9月22日。9月下旬スタートを予告しているAmazonプライム・ビデオはもうすぐスタート
  • プライム会員なら自動的にAmazonプライム・ビデオを見る事ができる
  • Huluは俳優や監督を紹介する情報がなく俳優名や監督名のクリックで関連作品を表示できない
  • 現段階(2015年9月)において、先行しているHuluはコンテツが他のサービスに比べ充実している

Hulu、Netfixに続きスタートするAmazonプライム・ビデオのポイント!

9月2日にスタートしたNetflix。それを追うように9月下旬からAmazonプライム・ビデオがスタートします。
Hulu、Netflix、Amazonプライム・ビデオと注目の動画配信サービスが揃い踏みするため、
どのサービスを使うか迷っている人も多いのではないでしょうか。
今回はまだスタートしていないAmazonプライム・ビデオの魅力を探ってみました。

ポイント1:プライム会員は無料で視聴できる

Hulu、Netflixに差をつけるAmazonプライム・ビデオの最大の魅力は
プライム会員は無料で視聴できることでしょう。
プライム会員とは、年会費3,900円(税込)で以下のような特典が利用できる会員制プログラム。
● 通常360円かかるお急ぎ便、お届け日時指定便が無料で使い放題
● KindleオーナーズライブラリーでKindle本を毎月1冊無料で楽しめる
● タイムサービスを30分早く参加できる
● そして、Amazonプライム・ビデオを無料で視聴できる

ポイント2:会員数では一気にダントツ

Amazonプライム会員数は公開されていませんが、
Amazonユーザーの5〜7%くらいといわれています。
一説によると世界にAmazonプライム会員が1000万人以上いるということです。
そのうち何パーセントが日本の会員か分かりませんが、
Amazonプライムビデオはスタートを機に一夜にして万単位の視聴者を獲得する事になります。
これは会員登録を必要とするHulu、Netflixよりも何歩もリードしています。
無料で視聴できる人が多ければ利用頻度も情報拡散力もスタート同時に一気に高まる事が予想されます。
それで満足度がHulu、Netflixと同じであればAmazonプライム・ビデオを選択する人が増えていくでしょう。

ポイント3:オリジナルコンテンツに注目!
特に人気小説の映像化はamazonらしい!

日本のAmazonプライム・ビデオのホームページにはAmazonスタジオ制作の
「トランスペアレント(ゴールデン・グローブ賞受賞)」
「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」
「The Man in the High Castle(邦題未定)」
  子供向けTV番組「タンブルリーフ」
などのオリジナル作品が紹介されています。

アメリカのホームページをのぞくと

「Hand of god」
「Bosch」
「Gortimer Gibbon's Life on Normal Street」
といったオリジナル作品が公開されています。
Amazonオリジナルコンテンツは途切れる事なく続々登場していくようです。
特徴は、
ハリウッドの映画会社が作るような王道のシリーズ(「トランスペアレント」「Hand of god」)
ファミリー向けのシリーズ(「タンブルリーフ」「Gortimer Gibbon's Life on Normal Street」)
人気小説の映像化作品(「The Man in the High Castle」「Bosch」)
といったジャンルの幅広さ。
特に人気小説の映像化作品は、書籍の充実しているAmazonならではのジャンル。「The Man in the High Castle」はフィリップ・K・ディップの小説「高い城の男」。
第二次世界大戦で“もし”ドイツと日本が勝利していたら…
という仮定の上に構築された悪夢のような物語を映像化しています。

「Bosch」は作家マイクル・コナリーによる
刑事ハリー・ボッシュを主人公とするミステリー小説の人気シリーズ。

オリジナルコンテンツはNetflixも力をいれてますが、
Amazonは人気小説の映像化などプライム会員に受けそうな作品を作るなど独自色を打ち出しています。

予告編を見る限り、Amazonプライム・ビデオのオリジナルコンテンツは野心的で魅力に満ちています。

まとめ

  • Amazonプライム・ビデオはプライム会員なら無料で視聴できる
  • 会員登録を必要とするHulu、Netflixに比べ既存のプライム会員がすぐ無料利用できるAmazonプライム・ビデオは一気に視聴者を獲得できる
  • 人気小説の映像化作品など、Amazonプライム・ビデオのオリジナルコンテンツは野心的で魅力に満ちている

Huluで映画・ドラマを楽しむメリット、使いこなすコツ

安くて使いやすいからとHuluを導入してから半年がたちました。

おおむね満足です。

Huluのおかげで映画やドラマを楽しむぼくの映像ライフが変ったという気がします。

そのあたりのことを、Huluのメリットとデメリットとしてまとめておきます。

Huluとは

このページにアクセスしている人はもうお分かりだと思いますが、一応、Huluについて説明しておきます。

 Hulu(フールー)はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスに本拠地を置く動画配信サービス。(略)2011年8月31日に日本国内向けのサービスを開始しました。
 映画、テレビ、キッズなどのジャンルがあり、パソコン、タブレット、スマートフォンなどで試聴できます。

Huluのメリット

 

月額933円(税抜)

月に一定量の映画やドラマを視聴する人でこれまで月平均のレンタル料が933円以上の人は加入をすすめます。

延滞金なし

レンタルしたけど返却し忘れて延滞金をがっぽり取られる、そんな無駄や心配から解放されます。

視聴期限なし

iTunesなどだでレンタルした場合、1ヶ月以内に視聴しなければなりません。
なおかつ、視聴し始めたら48時間以内に見終わらなければなりません。
その点、Huluはこのような試聴期限がなく、いつでも視聴できます。

別途課金なし

動画サービスの中には低価格をうたっているものもありますが、一部の映画やドラマは別途料金(PPV)がかかる場合があります。そういった場合、なんかダマされた感じがします。(←個人の感想です)
Huleは月額933円(税抜)で一律試聴できます。気分的には大変スッキリします。

タイトルがそこそこある(特に海外ドラマが充実)

タイトルの多さではHuluよりもU-NEXTの方が上です。しかし、海外ドラマにかぎるとHuluの方が充実しています。(2015年7月現在)

画質が良い

HuluはU-NEXTやdTVよりも画質が良好です。スマホで見る分には低画質でも問題有りませんが、パソコンよりも大きなモニターで試聴する時は厳しいです。

Huluを使いこなすコツ

本当に見たい作品と巡り会うまで“お試し試聴”ができる

定額で見放題なので、ちょっと見て「つまらない」「自分には合わない」と思ったら次の作品にチェンジできます。

つまり、スーパーの試食やamazonの「なかみ!検索」「無料サンプル」のような感覚で映画や海外ドラマを“お試し試聴”することができます。

もう、面白いと思ってレンタルしたけどガッカリ!でも、もったいないから最後まで見るというムダが省けます。

ボリュームのあるシリーズ作品を一気に見ることができる

例えば、「ブレイキング・バッド」という海外ドラマは64エピソード、「X-ファイル」なら74エピソードを試聴できます。

レンタルショップに借りに行けば、1巻(2エピソード入り)で100円としても3000円くらいかかりますがHuluなら1ヶ月定額933円です。

ボリュームのあるシリーズ作品を見るだけでも十分もとはとりかえせます。

Huluなら体力と時間が許せば64エピソードでも74エピソードでも一気に見る事ができます。

映像を楽しむライフスタイルを空間から解放してくれる

Huluはパソコンのほか、アプリをタブレットやスマートフォンにダウンロードすることで、どのデバイスでも再生停止した箇所から再生することができます。

例えば、パソコンで見ていた映画を一旦停止、リビングに行き、タブレットに予めダウンロードした「Hulu」アプリを立ち上げてパソコンで停止した箇所から映画を再生、その後、疲れてきたのでタブレットの映画を停止、歯を磨いてからベッドに入りスマートフォンで続きを見る…というようなパソコンやタブレットにとらわれないシームレスな試聴ができます。

これを実際にやってみると映画やドラマなどの映像を本を読むような感覚で楽しめます。

昔なら映画館、ちょっと前ならモニターの置いてある部屋というように映像を楽しむライフスタイルは場所に縛られていましたが、Huluはデバイスを使い分ける事でそういった空間から解放してくれます。

まとめ

  • Hulu(フールー)は動画配信サービス 映画、テレビ、キッズなどのジャンルがあり、パソコン、タブレット、スマートフォンなどで試聴可能
  • 月額933円(税抜)、延滞金なし、視聴期限なし、個別課金なし
  • タイトルはそこそこある。(ダントツにある訳ではない)海外ドラマは充実している。画質はよい
  • お試し感覚で試聴できる。ボリュームあるシリーズ作品の試聴に向いている